プレゼン型コンテンツ作成ソフト LOGOSWARE STORM Xe

パワーポイントファイルさえあれば、
誰でも簡単に、⾳声・動画付きコンテンツが
作成できます。

音声合成

PowerPoint 内ノートから読上げ⾳声を⾃動⽣成

外国語の⾳声合成にも対応。標準搭載・追加費⽤なし

アニメーション

PowerPoint アニメーションを完全再現

アニメーション制限なし。⼿持ちのPowerPointの⼿直し不要

業界初

読上げテキストとスライドが完全同期

業界初、使いやすさ抜群の先進的プレイヤー

制作依頼したい場合はD-FACTORYコンテンツ制作サービス


TOP > プレゼン型コンテンツ作成ソフトSTORM Xe(クロスィ)

eラーニング教材や商品説明に最適な「プレゼン型コンテンツ」

スライドを使ってプレゼンをしていくWebコンテンツは、「eラーニング教材」や「商品説明」の定番です。動画とスライドを組み合わせたり、スライドを音声で説明したり、スライドのみを配信したり、様々なバリエーションがあります。

スライド+音声合成

スライド+音声合成

  • PowerPointのノートを自動で読み上げて、ナレーション生成します。
  • ノートのテキスト変更で、音声も変更されるので、修正も簡単です。

スライド+音声合成サンプル

※音声合成には、拡張機能「音声合成プレミアム(日本語のみ)」もございます。

スライド+動画

スライド+動画

  • 撮影済みの動画と組み合わせたコンテンツを作成できます。
  • 動画とスライドのタイミングを同期させることができます

スライド+動画サンプル

STORM Xeがバッチリはまる市場

LOGOSWARE STORM Xeは、次の市場・用途に幅広く使われています。

「eラーニング用教材」 利用例
LIXIL
事例を見る

パワーポイントファイルを読み込んで合成音声付きコンテンツが作れます
SCORM 対応なので、多くのLMS(eラーニングシステム)上で動作します
パソコンでもモバイルでも進捗管理ができます

「操作説明・動画マニュアル」 利用例
有限会社ツクヨミ様
事例を見る

パワーポイントファイルを読み込んで合成音声付きコンテンツが作れます
該当箇所を直接開くようにURLを伝えられるので顧客サポートに便利です
複数コンテンツを本棚型に整理して掲載できます

「商品プレゼン」 利用例

株式会社Z会
事例を見る

パワーポイントファイルを読み込んで合成音声付きコンテンツが作れます
複数コンテンツを本棚型に整理して掲載できます
CD/DVD に焼いて配布用販促ツールも作れます

シリーズ最新作!みんなにウレシイ STORM Xe

2006年最初のプレゼン型コンテンツ作成ソフトの発表以降、
多く機能強化を重ね、今ではeラーニング系およびプレゼン系コンテンツ作成ソフトとして、業界を牽引する製品になりました。そのシリーズ最新作が「LOGOSWARE STORM Xe(クロスィ)」です。

STORM Xeは、これまで蓄積してきたテクノロジーと経験と知恵を結集させ、作る人にも、見る人にも、運用する人にも、そしてお金を出す人にも、みんなにウレシイ製品になりました。

シリーズ最新作!みんなにウレシイ STORM Xe

  • 作る人がウレシイ STORM Xe
  • 見る人がウレシイ STORM Xe
  • 運用する人がウレシイ STORM Xe
  • お金を出す人がウレシイ STORM Xe

1
作る人がウレシイ

STORM Xeは、特別な専門知識がなくても、Microsoft Officeが使える人なら誰でもデジタルコンテンツが作れるように設計されています。また、多忙な人たちのために、できるだけ時間をかけずに作れるように工夫しています。

PowerPointのアニメーション完全再現

教材を作るときでも、プレゼン資料を作るときでも、オフィスで働く人にとって、もっとも使い慣れているツールはパワーポイントです。オフィスには、多くのパワーポイントファイルの資料があります。

STORM Xeは、このパワーポイントファイルをデジタルコンテンツに変換するソフトです。だから、誰でも使いこなせます。
しかも、パワーポイントに付けられたアニメーション、埋め込まれた動画、設定されたリンクなどをそのまま再現します。

アニメーション効果サンプル

パワーポイント埋め込み動画の再生

パワーポイント埋め込み動画の再生

PowerPointファイルに埋め込まれた動画をそのままSTORM Xeコンテンツにできます。
埋め込んだ動画は、動画に表示されるコントローラーで再生/停止可能*。動画再生中はSTORMのタイムラインは停止するので、ゆっくり動画を閲覧できます。

動画は手動再生です。動画の自動再生は次バージョン対応予定です。

埋め込み動画サンプル

合成音声ナレーションを自動生成

プレゼン型コンテンツを作るなら、ナレーションを入れたいところです。しかし、ナレーションは、とてもお金と手間のかかる作業なので、多くの方々が諦めてしまっているのが現状です。
STORM Xeはこれを解決します。

STORM Xeは、パワーポイントのノートから自動的に合成音声ナレーションを生成。しかも、アニメーションタイミングにナレーションを自動的に合わせる凄い機能が備わっています。この機能は他社製品にはない、STORM Xeならではの特長です。

音声合成は、標準搭載の音声合成(無料)と、より高品質な日本語ナレーション拡張機能「音声合成プレミアム(有料)」の2種類ご用意しています。用途に合わせてご利用ください。

標準音声合成サンプル
音声合成プレミアムサンプル

多言語に対応 NEW

STORM Xeは、外国語コンテンツを作成する機能を備えています。
表⽰プレイヤーを外国語にできるだけでなく、⾳声合成ナレーションも外国語に対応しています。

多言語対応

表示プレイヤー
標準提供:日本語、英語
その他の言語:xml差し替えで可能(無料)

エキスパート版に搭載の機能です。

音声合成ナレーション

標準提供:日本語
その他の言語は、ご自身で追加可能(無料)

英語サンプル(女性) 中国語:簡体字サンプル(女性)

自在にデザイン変更

STORM Xeには、お客さま自身でデザイン変更できる機能が備わっています。
デザイン変更には、「簡易カスタマイズ」、「高度カスタマイズ」の2段階が用意されています。

  簡易デザインカスタマイズ 高度デザインカスタマイズ
対応グレード 月払い定額 レギュラー
年間定額 レギュラー
パッケージ レギュラー
一ヵ月使い放題 レギュラー
月払い定額 エキスパート
年間定額 エキスパート
パッケージ エキスパート
一ヵ月使い放題 エキスパート
変更可能なエリア

簡易デザインカスタマイズ変更可能箇所

簡易デザインカスタマイズサンプル

高度デザインカスタマイズ変更可能箇所

高度デザインカスタマイズサンプル

※1カ月使い放題バリュー、月払い定額バリュー、年間定額バリュー、パッケージバリューでは、
 カスタマイズ機能がサポートされていません。ご注意ください。

STORMは画面キャプチャツールを標準搭載

キャプチャツールで画面操作を簡単録画

STORMには、パソコン上の画面操作を録画できるキャプチャツール「LOGOSWARE STORM デスクトップ録画」が付属しています。画面操作を録画した動画を利用して、Webサイトやソフトウェア製品の使い方を説明するコンテンツが作れます。

2
見る人がウレシイ

STORM Xeで作成されたコンテンツは、閲覧するデバイスを問わず、パソコンでも、スマホでも、タブレットでも最適な画面レイアウトで表示されます。

パソコンでもモバイルでも、最適なレイアウトで閲覧

パソコンでもモバイルでも、
最適なレイアウトで閲覧

STORM Xeで作成されたコンテンツは、Webブラウザの標準環境で閲覧できるHTML5形式です。特別なプラグインや設定をせずに、パソコンでも、スマホでも、タブレットでも閲覧できます。

閲覧するデバイスの画面の大きさ、縦表示/横表示などを自動認識して、最適なレイアウトで表示されます。

スライドと説明テキストが完全同期NEW

STORM Xeのプレイヤーは、スライドと説明用テキストが完全同期して動作する、
従来にないまったく新しい形式のプレイヤーです。
スライドの説明が、⾳声合成ナレーションだけでなくテキストでも確認できるので、容易に内容を理解できます。
また、オフィス内など、⾳声を出せない環境での閲覧時にも有効です。

テキスト初期表示サンプル

テキストメニュー機能

高速再生/低速再生

高速再生/低速再生

時間を節約するなら高速再生で、外国語などをゆっくりヒアリングしたいなら低速再生で、というように、STORM Xeで作成されたコンテンツは、再生速度(x2、x1.5、x1.25、x0.5)を閲覧者自身で選べる機能が備わっています。

メニュー単位で固有URL 出力

営業担当者やサポート担当者が、顧客に情報を伝えるとき、コンテンツ内の特定箇所を指定できると便利です。 STORM Xeには、これを実現する機能が備わっています。

該当するスライド(メニュー単位)の閲覧時にブラウザに表示されるURL をメールやチャットで他の人に伝えてください。該当するスライドが直接開きます。

メニュー単位で固有URL

3
運用する人がウレシイ

STORM Xeはコンテンツの活用方法も豊富です。LMSでの運用はもちろん、Web上での利用やオフラインでの利用に便利な機能を備えています。

3種類の学習履歴取得⽅法を選べる

STORM Xeコンテンツは、eラーニングでの利用を第⼀の⽬的としています。
従来、eラーニングというとLMS(学習管理システム)を使った本格的な利⽤が主でしたが、利⽤者の裾野の広がりとともに、より⼿軽に、より低価格でといったニーズも増えてきました。
そこで、ロゴスウェアでは、お客さまが利⽤⽬的に応じた選択ができるように
3種類のeラーニング構築⽅法を提案しています。

それは、

  1. LMSを使った本格的eラーニング「Platon」
  2. ⼩さな単位でのコンテンツ配信に特化した「Spotty」
  3. 最低限の機能を無料で提供する「スコア」
    eラーニング標準規格SCORM に準拠した他製品でも動作します

の3種類です。

STORM Xeで作成したコンテンツは、これら3種類のeラーニング構築法に対応しています。
詳細はSTORM Xeを使ったeラーニング構築法をご覧ください。

「STORM Xeを使ったeラーニング構築法」を見る

LOGOSWARE Platon
本格派eラーニングシステム
Platon
  • 本格的eラーニングに最適
  • 必要な機能をフル装備
  • コース設定OK
  • 外部システムとの連携可能
LOGOSWARE Spotty
小さな単位でコンテンツ配信
Spotty
  • メールアドレスなしでも利用可能
  • スマホでコンテンツ配信OK
  • 閲覧用スマホアプリ付属
LOGOSWARE Score
無料で学習履歴取得
Score
  • 数十人での利用に最適
  • 無料で利用できる
本棚に整理して情報配信

eラーニング以外のSTORMコンテンツの⽤途として、操作説明、動画マニュアル、商品紹介の分野があげられます。
これらの⽤途の場合、たくさんのコンテンツを整理して掲載する必要があります。
そこでロゴスウェアでは、本棚形式で掲載する⽅法を提供します。

  • Libra(別売)を利用

    ⼤量のコンテンツを掲載するなら、本棚型コンテンツ配信システム「LOGOSWARE Libra」(別売)がお勧めです。検索機能やカテゴリ分類に優れているので、大量のコンテンツも効率的に管理できます。

    Libraについての詳細はこちら

    LOGOSWARE Libra

  • 本棚表示キット(無料)を利用

    数十個程度のコンテンツなら、「本棚表示キット」が便利です。「本棚表示キット」は、マニュアルとカスタマイズ可能なサンプルファイルで構成されています。キットを使えば、簡単に本棚型表示を実現できます。

    本棚表示キットサンプル

    本棚表示キット

動画(mp4)書き出し機能

動画書き出し機能次期バージョン対応

STORM Xeコンテンツは、mp4形式の動画ファイルとして書き出せます。
iPhoneやiPad、Youtube用の書き出し設定はあらかじめ用意されているので、用途に適したデータを簡単に出力可能。コンテンツをYoutubeにアップしてeラーニングチャンネルを作ったり、DVDで配布したり、さまざまな方法でコンテンツを活用できます。

レギュラー版・エキスパート版に搭載の機能です。

CD・DVD・USBメモリで配布可能

CD・DVD・USBメモリでの配布を可能にする「オフライン閲覧キット」をご用意しています。
STORM Xeで作成されたコンテンツをCDやDVDで配布できます。学習コンテンツ、商品紹介プレゼンなどのオフライン配布用としてご活用ください。

オフライン閲覧キットの詳細はこちら

CD・DVDで配布可能

オンラインストレージ

オンラインストレージ次期バージョン対応

コンテンツをインターネット公開するには、データをアップロードする必要があります。しかし、人によってはWebサーバーがなかったり、アップロードの仕方が少し難しく感じるかもしれません。

そのような方々のために、「LOGOSWAREオンラインストレージ」を用意しました。ロゴスウェアがインターネット公開に必要なサーバー類一式をお貸しします。しかも、利用料金は、年間9,600円〜と負担の少ない低価格に設定しました。

LOGOSWAREオンラインストレージの詳細はこちら

4
お金を出す人がウレシイ

STORM Xeは、お客さまに、利用目的に合わせた最もコストパフォーマンスの良いプランを選んでいただけるように豊富な販売バリエーションを揃えました。

販売バリエーション

4種類のライセンス方法、3つのグレードの組み合わせ(計 12バリエーション)の中から、お客さまの最適なプランをお選びください。

販売バリエーション一覧

「価格」ページはこちら 「グレード別機能の違い」はこちら

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>