プレゼン型コンテンツ作成ソフトSTORM Xe(クロスィ)

TOP > プレゼン型コンテンツ作成ソフトSTORM Xe(クロスィ) > SRTファイルの利用方法

STORM Xeは、SRTファイルをインポートして、
インデックスと表示用テキストとして設定できます。

SRT(SubRip Text)ファイルとは

一般的に字幕ファイルと呼ばれる、テキスト形式のファイルです。
動画に表示する文章を、通し番号+タイムコード+テキストをセットにして記述します。
STORM Xeでは、このSRTファイルの内容を「インデックス」「表示用テキスト」欄に設定できるので、 効率的にコンテンツ制作が可能です。

SRTファイルサンプルダウンロード

※SRTファイルはダブルクリックでは開きません。メモ帳等のエディタでファイルを指定して開いてください。

SRTファイルをSTORM Xeにインポート コンテンツ化


SRTファイルの作成方法は?

SRTファイルは、定型フォーマットで記述されたテキストファイルです。
そのためテキストエディタでも作成可能ですが、ツールやサービスを利用すると効率的にデータを作成できます。
下記にSRTファイル作成に利用できるソフトウェアやサービスをまとめました。ご参考にしてください。

無料作成ソフト
  • Vrew(テロップ自動生成ソフト) https://vrew.voyagerx.com/ja/
    動画から音声認識して文字に書き起こします。データはSRTファイル形式で出力可能です。
有料サービス

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>