無料体験版
製品サポート

プレゼン型コンテンツ作成ソフトSTORM Xe(クロスィ)

TOP > プレゼン型コンテンツ作成ソフトSTORM Xe(クロスィ) > 制約事項

最終更新:2022年2月4日

推奨動作環境の中で一部制約があるものや注意を要するもの、
上限値がある機能をまとめています。

閲覧側 / 作成ソフト側

閲覧側

環境による注意事項

OSの制約事項 回避策
ChromeOS(Chromebook)でコンテンツ共有機能を利用する際、以下の制約があります。
  • コンテンツ作成時に共有機能の設定をONにすると、コンテンツ閲覧画面にメールのアイコンが表示されます。
  • このアイコンをクリックすると、同一ウィンドウがGmailの画面に遷移します(通常は別ウィンドウでメールの画面が開きます)。
  • ブラウザの戻るボタンでコンテンツの画面に戻った際は、各インデックスメニューの先頭に戻ります。
ChromeOS(Chromebook)で閲覧するユーザーがいる場合、左記制約について事前に通知を行ってください。

読上げ音声に「音声合成ナレーション」を選択し、かつスライドに「動画(音声あり)を埋め込んだPPT」を利用した場合、 iPhoneおよびiPadでの閲覧時に次の制約があります。

  • iPhoneおよびiPadで閲覧すると、動画再生方法を「自動再生」に設定していても「クリック再生」となります。
  • 動画をクリック再生させると、スライドに埋め込まれた動画は別ウィンドウで再生されます。
  • 別ウィンドウで再生された動画を視聴後閉じると、スライド表示画面に戻りますが、次のスライドに遷移するまでに、動画再生時間に相当する待ち時間を要してしまいます。 待ち時間の間は、画面が黒く表示されます。
  • また、LMSに載せて当該コンテンツを視聴する場合、進捗が記録できないという問題が発生することがあります。

この現象を回避するためには、該当するコンテンツを動画ファイル化してご利用ください。
コンテンツ全体の動画化は、STORMから「動画書き出し」操作を行うと作成できます。

ブラウザの制約事項 回避策

Safariに以下の制限があります。

  1. MacBookのタッチパッドによるピンチイン・ピンチアウトでコンテンツを拡大縮小すると、レイアウトが一部崩れます。
  2. iOS/iPadOSのSafariブラウザで拡大縮小すると、レイアウトが一部崩れます。

1、2の回避策

  • Safari以外の推奨ブラウザを利用してください。推奨ブラウザはこちらから確認してください。

コンテンツの仕様に関わる制約事項

※コンテンツ作成方法により、閲覧側に以下の制約事項が発生します。

現象 回避策

音声を埋め込んだPowerPointでコンテンツを作成する際、以下の制約事項があります。

  • PowerPointのオーディオツールの再生設定(トリミングや繰り返し再生設定など)は、STORMでは利用できません。

PowerPoint上の再生設定は、「音声埋め込みのアイコンをクリック>オーディオツール>再生」にあります。

音声を埋め込んだPowerPointを使用する際、PowerPointのオーディオツールの再生設定は行わないでください。

PowerPoint2013で以下の作り方をすると、不具合が発生する場合があります。

  • スライド内に表を挿入する
  • 表内にハイパーリンクを設定する

上記の作り方を行うと、表内のハイパーリンクがずれる場合があります。

PowerPoint2016、2019、PowerPoint for Microsoft 365(デスクトップ版)でコンテンツ作成を行ってください。

作成ソフト側

最大値制限

最大値 回避策
音声合成付きコンテンツを作成するときに使用するPowerPoint内のアニメーションの数の上限は500前後です。
動画や音声を使ったコンテンツの長さの上限は120分です。

環境による注意事項

現象 回避策

STORM Xeを使用するPC上のPowerPointにアドインが登録されている場合、 その影響によりSTORM Xeが正常に動作しないことがあります。

弊社では以下の組み合わせで、問題が起きることを確認しています。

  • PowerPoint 2013 + Adobe Presenter
    STORM起動時に「MicrosoftPowerPointは動作を停止しました」とメッセージが表示される。

以下の手順でアドインを無効にしてから、STORM Xeをご利用ください。

  1. アドインを無効にする
  2. PCを再起動する
  3. STORM Xeを起動する

詳細はトラブルシューティングサイトをご参照ください。

その他の制約事項

現象 回避策
仮想デスクトップ版プランで、以下の制約事項があります。
  • フォントの制約
    Microsoft Office 2019に標準搭載されたフォントのみ使用可能です。その他市販のフォントは使用できません。 素材のパワーポイントに市販のフォントが入っていた場合、Microsoft Office 2019標準搭載のフォントに自動的に変わります。
  • 動画書き出し機能の制約
    動画書き出しの出力サイズは、デフォルトの設定値が動作保証対象です。 デフォルトの設定値は、「横1024×縦576」と「横768×縦576」です。
  • フォント
    Microsoft Office 2019に標準搭載されたフォントを使用してパワーポイントを作成ください。
  • 動画書き出し機能
    動画書き出しの出力サイズは、デフォルトの設定値にしてください。

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>