プレゼン型コンテンツ作成ソフト STORM V

TOP > プレゼン型コンテンツ作成ソフト STORM V > 仕様一覧

機能一覧

制約事項



機能一覧

閲覧に関する機能

  パソコン スマートフォン/
タブレット
対応グレード 詳細
幅広い閲覧環境
パソコン、スマートフォン、タブレットで閲覧可能 レギュラー
エキスパート
詳細
倍速・低速再生 全グレード 詳細
動画のストリーミング再生NEW 全グレード 詳細
ソーシャル機能
Twitter、Facebookへの投稿 全グレード 詳細
メニュー別URL出力 全グレード 詳細
閲覧者制限
パスワード機能 全グレード 詳細

制作に関する機能

  パソコン スマートフォン/
タブレット
対応グレード 詳細
簡単作成モード 全グレード 詳細
通常作成モード 全グレード 詳細
スライドモード レギュラー
エキスパート
詳細
素材として利用できるファイル形式  
スライド用素材
ppt / jpg
全グレード
音声素材
mp3
全グレード
動画素材
flv / mp4 / wmv / avi
全グレード
作成を簡単にする機能
PPTアニメーション
※アニメーション効果は全て「フェードイン・フェードアウト」に置換。

※アニメーション効果は全て「フェードイン・フェードアウト」に置換。
全グレード 詳細
音声合成 オプション/有料 全グレード 詳細
イベントレコーディング方式 制作機能のため、閲覧形式に影響しません。 全グレード 詳細
ビデオとスライドの完全同期 全グレード
画面操作の録画
キャプチャツールで 画面操作を簡単録画 制作機能のため、閲覧形式に影響しません。 全グレード 詳細
キャプチャツールの配布 制作機能のため、閲覧形式に影響しません。 全グレード 詳細
カスタマイズ性  
画像が入れられる
フリーエリア
全グレード 詳細
レイアウトの選択
※「コンテンツの種類」メニューで変更可能

※「コンテンツの種類」メニューで変更可能
全グレード 詳細
デザインの選択 レギュラー
エキスパート
詳細
簡易デザインカスタマイズ
(タイトル・ナビゲーション背景
文字サイズ変更等)
レギュラー
エキスパート
詳細
高度デザインカスタマイズ
(ボタンアイコン変更/CSS読み込み)
エキスパート 詳細
コンテンツの連結
THiNQコンテンツとの連結 全グレード 詳細

コンテンツの利用に関する機能

  パソコン スマートフォン/
タブレット
対応グレード 詳細
幅広い利用シーンに対応
本棚表示 全グレード 詳細
動画書き出し 制作機能のため、閲覧形式に影響しません。 レギュラー
エキスパート
詳細
CD・DVDでの配布
オプション/有料
 – 全グレード 詳細
コンテンツのアップロード
オンラインストレージ
オプション/有料
全グレード 詳細
学習履歴管理
スコア機能  ○ レギュラー
エキスパート
詳細
SCORM1.2・SCORM2004対応(※1) 全グレード 詳細
マルチデバイスで
学習履歴の進捗管理
 ○ 全グレード 詳細

※1)コンテンツをiframeで動作させるタイプのLMSでは表示に問題が発生します。
   詳細はお問い合わせください。
※2)「ga.js」に対応。「非同期トラッキングコード」対応は検討中です。


制約事項

最終更新:2018/10/26

最大値制限

最大値 回避策
作成できるコンテンツの長さの上限は再生時間にして120分までです。

環境による注意事項

現象 回避策

Office2016の64bit版がインストールされているPCではSTORM Vが起動しません。

Officeの64bit版をアンインストールし、32bit版をインストールしてご利用ください。

STORM Maker(STORM旧製品)とSTORM V バージョン2.3.1の両ソフトが同一PC内にインストール されていると、STORM Vバージョン2.3.1において、「動画書き出し」操作がエラーになり機能しません。

次のいずれかの回避策を選択してください。

  1. STORM Maker(STORM旧製品)とSTORM V の両ソフトを同一PC内にインストールする場合は、 STORM V バージョン2.3.0をご利用ください。
  2. STORM Maker(旧製品)を今後使う予定がなければ、STORM Maker(旧製品)をアンインストールした後、STORM V バージョン2.3.1をインストールしてください。
ブラウザの制約事項 回避策

IE10でコンテンツを閲覧した時に、原稿のPowerPointスライドに埋め込まれた動画・音声が再生されません。

IE10以外のブラウザで閲覧してください。

IE11に以下の制限があります。
閲覧ブラウザが次のいずれかの設定のときに、HTML5コンテンツが表示されません。

  1. 各閲覧者のIE11ブラウザの設定
    「設定>互換性表示>互換表示に追加したWebサイト」に閲覧しているWebサイトが登録されている。
  2. Webサーバーの設定
    コンテンツが掲載されているWebサーバーでドキュメントモード※が「7」「8」に指定されている。

※ドキュメントモードとは、サーバー側でIEに対して設定するものです。この設定をすると、IE11で閲覧しても古いIEとして動作するようになります。

次のいずれかを実行してください。

1の場合 【各閲覧者】
  1. IE11以外のブラウザでアクセスしてください。
  2. IE11の互換性表示の「有効」を解除してください。

<変更方法>
IEの設定>互換性表示設定を開き、閲覧しているWebサイトを「互換表示に追加したWebサイト」から削除してください。

2の場合【サーバー管理者】
Webサーバーに設定されているドキュメントモードを解除してください。
Apacheの設定でドキュメントモードの指定が可能です。

その他の制約事項

現象 回避策

作成時、書き出し時にウィルス対策ソフトに誤検知され、正常に動作しないことがあります。

ウィルス対策ソフトで「ウィルス監視設定」「挙動監視設定」からの除外設定を行ってください。

ウィルス対策ソフト設定方法

デスクトップ録画を使用するとき、あるいはSTORM Vで動画(mp4)書き出しをするとき、PCディスプレイのサイズが100%以外になっていると正しい領域で作成されません。

ディスプレイのサイズを100%にしてください。

<設定方法>
Windows10
スタート>設定>システム>ディスプレイ>拡大縮小とレイアウト>100%

Windows10

Windows7
スタート>コントロールパネル>デスクトップのカスタマイズ>ディスプレイ>小-100%(規定)

Windows7

コンテンツ書き出しで、動画(mp4)書き出しを行うとき、PowerPointスライドに埋め込まれた動画は再生されません。

なし

コンテンツ内に動画ファイルが存在する時、以下のいずれかに該当すると「動画書き出し」で生成された動画ファイル(MP4形式)において、音声と動画にずれが生じます。

  1. コンテンツ内に複数の動画ファイル(MP4形式)が存在している。
  2. 動画ファイルがコンテンツの先頭に配置されていない(配置場所がコンテンツの途中である)

1の回避策
複数の動画を合わせて一本の動画にして作成してください。

2の回避策
無音のmp3ファイル(長さは数秒で可)を用意して、コンテンツの先頭の位置に配置したのち作成を行ってください。
<注意点>
この回避策を行うと、「動画書き出し」時の処理時間が長くなります。

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>