大阪市(大阪府)

TOP > デジタルブック作成ソフト FLIPPER U > FLIPPERお客さまの声 > 官公庁・自治体 > 大阪市(大阪府)

新たなメディアで市民へ効率的情報発信

大阪市(大阪府)

ホームページの既存媒体に加え新たな媒体の利活用により市民生活に必要な市政情報を安定的かつ効率的に発信することに取り組んでおられる大阪市様。本年度はデジタルブックの公開に加え、LOGOSWARE Libraを導入により上記取組みを積極的に推進していく姿勢がうかがえます。

大阪市様では、平成24年9月より、FLIPPER U を導入し、市政広報紙を視認性の高いデジタルブックで公開しています。平成25年度はさらに広報紙以外の印刷物をデジタルブックで公開する計画から、大量の冊子を分類して閲覧でき、サーバ運用もロゴスウェアが行う、LOGOSWARE Libraの「お手軽パック」が採用されました。

既に多数の冊子を公開しており、公開している冊子をカテゴライズし必要な情報に簡単にたどりつけるよう検索性・視認性の高い本棚として、運用しておられます。また、スマートフォン等のモバイルデバイスでの公開も行っており、幅広い利用者へ情報を提供されています。

▼ライブラリシステム 「LOGOSWARE Libra」
https://libra.logosware.com/



大阪市政策企画室 広報担当様に伺いました。
大量の冊子から必要な情報を素早く探し出せる本棚システム

大阪市では、平成25年の取組みとして、ホームページなどの既存媒体や、デジタルブックなど新たな媒体の利活用等により、市民生活に必要な市政情報を安定的かつ効率的な発信に努めています。

平成24年9月より、市の広報紙をPDFに加えデジタルブックで公開しています。本棚システムについては、今後、多くの冊子をデジタルブックで公開するにあたって検索性を高めるために導入を決めました。 本市の仕様を満たしたもので価格比較を行ったところ、ロゴスウェア社の提案が一番安価であったことから採用することにいたしました。

操作性も今のところ特に問題なく、本市職員で簡易に更新作業等が行えています。今後も積極的に多くの広報印刷物をデジタルブック化し本棚システムに掲載することで、検索性・視認性の高いサイトにし、市民の皆さんが利用しやすいものとしていきたいと考えています。


大阪市(大阪府)

http://www.city.osaka.lg.jp

業種

用途

関連製品
利用プラン

*本記事は2015年2月に取材した内容をもとに構成しています。


LOGOSWARE FLIPPERを使ってみませんか?

すべての機能を、30日間無料でお試しいただけます。

無料体験版申し込みフォーム


似た条件の事例を見る

同じ業種の事例

官公庁・自治体


条件別に事例を見る

業種別に見る

用途別に見る

課題別に見る

利用プラン別に見る

関連製品別に見る