株式会社リンクアカデミー

TOP > お客さまの声 > FLIPPER > 株式会社リンクアカデミー

株式会社リンクアカデミー 教育サービス


本型教材で学習管理 顧客サービスも向上

PCスクール事業で大手のアビバと、資格スクール事業で老舗の大栄教育システムが統合し、あらたに誕生したリンクアカデミー様。全国に展開している両社の強みを併せ、社会人の学習ニーズに応えるための総合的なキャリアスクールを提供しています。

リンクアカデミー様では、オンラインラーニングシステム「AVIVA ONLINE」で、デジタルブック教材を活用し、印刷や改訂作業の労力とコストを大幅に削減しました。また、お客様にはスピーディに最新版の教材を提供し顧客サービス向上も実現しています。


※「AVIVA ONLINE」は受講生限定のため非公開

導入年月2012年

会社URLhttp://www.link-academy.co.jp/

利用例 非公開

株式会社リンクアカデミー ご担当者様
本型の教材もラーニングシステムで学習履歴を管理できる

オンラインラーニングシステム「AVIVA ONLINE」では、各受講生の学習状況を管理しています。紙の資料をデジタルドキュメントにするソフトは色々あるのですが、ラーニングシステムとは独立してしまい、各自の学習履歴に反映しません。

デジタルブック作成ソフト「FLIPPER U」は、テキスト教材のデジタルブック化に加え、閲覧履歴を学習管理システム(LMS)に送る機能が備わっています
当社のオンラインラーニングシステムとFLIPPER教材を組み合わせたところ、各受講生の課題や追加資料の学習履歴を把握することができました。

また、教材の二次利用を防ぐためにも印刷ができない仕様が希望でした。
せっかくデジタル化しても教室で印刷されてしまえばデジタル教材のメリットが生かせません。 FLIPPER Uには印刷機能を運用者側でオン/オフできる機能もあり、それぞれの運用に合わせたソフト設計も大きく評価できると感じました。

課題や追加資料をドキュメント形式のまま配信したい

当社は、日本全国に140校の教室を展開し、パソコンスキル講座と資格取得支援講座を提供しています。受講生限定のオンラインラーニングシステム「AVIVA ONLINE」では、主に映像やスライド型の教材を配信し、教室で受講生が視聴したり、自宅でも復習として活用できるようになっています。

それぞれの講座では、通常のテキスト以外に課題が加わったり、追加資料が発生する場合があります。その際には、人数分のプリントを別途印刷して受講生に配布していました。テキスト代を抑えるためにも、資料はカラーでなくモノクロで印刷していました。

これらの資料をオンラインシステムで配信できれば、印刷代やその手間が省けるのですが、オンライン教材用に作り直すにはあらたな手間が発生してしまいます。
そこでドキュメント形式のままで教材を配信できないかと考えました。

教材の改訂や更新もデジタルブックでスピーディに対応

パソコン講座の学習用テキストもFLIPPER Uでデジタルブック化し、受講生がパソコンでもテキストを確認できるようにしています。今まで受講生の人数分印刷していたものが、デジタルブックに置き換え、オンラインラーニングシステムで配信するだけで完了するようになりました。

パソコンスキルの講座は、アプリケーションのバージョンによって内容が変わったり、ソフトの仕様が変わることがあり、改定や更新が頻繁に発生します。
今までは、本部で用意した修正データを各教室でダウンロードして印刷後、全受講生に配布しており、1名分の資料作成に膨大な時間がかかっていました。
しかし、現在は、FLIPPER Uで改訂箇所を差し替えて配信するだけで改定作業が完了し、手間のかかる一連作業はなくなりました。

FLIPPER Uで教材を配信することで、相当の労力と時間の削減が実現しています。さらに、お客様へ最新教材を届けるスピードも格段にアップしており、顧客サービスの向上にもつながっています。

  • 製品トップにもどる