たつみ印刷株式会社

TOP > お客さまの声 > FLIPPER > たつみ印刷株式会社

たつみ印刷株式会社 印刷会社


デジタルブック制作サービス「Next eBook」

埼玉県深谷市を拠点に活動する、商業印刷、デザイン、ウェブサイト制作を得意とする総合印刷会社、たつみ印刷様。
2年ほど前からデジタルブック制作サービスの立上げを検討してきましたが、スマートフォンやタブレットの急速な普及を受け、この変化をチャンスに変えるべく、FLIPPER3 Makerの導入に踏み切りました。


2012年5月、デジタルブック制作サービス「Next eBook」を開始しました。

たつみ印刷株式会社 平井様
FLIPPER3 Maker導入前の課題は何でしたか?

実は、FLIPPER3 Makerの導入にあたっては、製品を購入する前にお客様からデジタルブック制作のご依頼をいただき、あわただしい立上げとなりました。
幸い、製品版と機能が変わらない無料体験版で、あらかじめFLIPPER3 Makerの使い方を習得できており、納品についても当社の無理を聞いてくださり超特急で納品していただけました。おかげさまで無事サービスを開始することができ、大変感謝しております。

自社でデジタルブック制作サービスを展開するメリットを教えてください。

製品を選択するにあたってもっとも重点を置いたのが、出来上がったデジタルブックの「操作性」です。 使いやすさが売りのデジタルブックですが、読者が慣れ親しんでいるGUIの操作性と、デジタルブックの操作性に違いがあると、ユーザーは混乱しデジタルブックを敬遠してしまいます。操作でつまずいてしまうと、肝心な情報にたどり着く前に読者を失望させることになりかねません。

その点、FIPPER3 Makerにより生成されたデジタルブックの操作性は、多くの人が利用している Google Map や Google Earth の操作性と共通しています。拡大表示やページ上での移動、ホイールの動きなど予測どおりの動きをしてくれます。
このことは、とても重要なポイントだと考えています。

FLIPPER3 Makerを選ばれた理由を教えてください。

当社では、以前より印刷物に加えてウェブサイトの制作を手掛けてきました。
印刷物の受注がじわじわと減少する中、将来を見据えてインターネットを基盤とする情報加工・情報伝達に比重を移すことは焦眉の課題でした。
しかし、印刷と接点がない商品やサービスを拡大するのは、技術的にも、営業リソースの面でもリスクが大きいと考えられます。 リスクが低く、印刷物を中心に扱ってきた営業担当者でも無理なく提案できるインターネット関連の商品やサービスはないかと検討した結果、「デジタルブック」にたどり着きました。

デジタルブック作成ソフト採用時にもっとも重視した点は何ですか?

デジタルブック制作サービスを始めるあたって、展示会で各社のソフトを吟味しました。
市場でよく使われている製品を試用し、比較表を作って慎重に製品の選択を進めました。 FLIPPER3 Makerの評価ポイントは、価格、操作性、豊富な機能です。

特に、制作側の操作性では他社との違いが歴然でした。
他社製品では、Adobeリーダーが設定されていないと動かない設計や、変換も不安定な場合がありました。 一方、FLIPPER3 Makerの「PDFインポーター」は、ソフト内で変換が完結し、動作も問題なく素早く変換が完了します。
FLIPPER3 Makerは、低価格であるにも関わらず、使いやすさの面、機能の豊富さの面、どちらにおいても最も優れていると判断しました。

ロゴスウェアの仕事の進め方はいかがでしたか?

当社は、「紙+デジタル」で付加価値の高いソリューションを提供することを目標に掲げており、デジタルブックをお客様にソリューションを提供するための1つのツールだと捉えています。デジタルブック制作をサービスメニューに加えることにより、印刷物とPC、タブレット、スマートフォンの橋渡しが可能になります。当社は「情報を届ける」ことを使命としており、メディアが変わっても目的は同じです。デジタルブックの活用により、インターネットを絡めたソリューション提案の糸口ができ、提案の幅を広げられること、それがデジタルブック制作サービスを当社で展開するメリットです。

また、当社はチラシや販売促進など商業印刷を扱うことが多く、クチコミ効果は有効な手段であると考えています。 ソーシャルメディアと連携しているFLIPPER3を採用したことは大きなアドバンテージとして、デジタルに取り組む際の強力なサービスメニューになります。

  • 製品トップにもどる