オプション&ソリューション

TOP > オプション&ソリューション > よくある質問/FAQ > 回答


カテゴリー一覧に戻る


1.LOGOSWARE オンラインストレージ


2.オフライン閲覧キット


3.スコア機能


4.マニフェスト・エディタ

1.LOGOSWARE オンラインストレージ

1ユニットで利用できる目安を教えてください。
[ID:OP140818-07]
必要ユニット数の目安について、こちらのページにまとめておりますので、ご覧ください。


足りない場合はユニットを買い足していただけますよう、お願いいたします。

オンラインストレージで「体験版ライセンス登録に失敗しました」
というエラーメッセージが出てしまいます。
[ID:OP140812-01]
大変ご不便お掛けしております。
お手数ですが、support@logosware.com までお問い合わせください。

同時に接続できるパソコン/モバイルの台数に制限はありますか?
[ID:OP140908-01, UPDATE:201409]
アクセス数に応じて自動的に拡張する環境としている為、制限はありません。

オンラインストレージとスコア管理画面間の通信はどのような仕組みになっていますか?
[ID:OP160113-01, UPDATE:201702]
オンラインストレージ上のコンテンツを受講してからスコアにデータが送信される通信はSSL暗号化されたhttpsです。

「storage uploaderは動作を停止しました。」とエラーが出てオンラインストーレージにアップロードできません
[ID:OP150924-01]
インストールしているパソコンの時計が「和暦」に設定されていませんか?この場合、アップロードができません。

以下の手順で設定を変更していただくと、解決する事がございます。

1. THiNQ Makerを終了します。

2. Windowsの時計を「和暦」から「西暦」に変更します。
 ※参考サイトはこちら

3. THiNQ Maker起動> 「設定」>「オンラインストレージライセンス情報」>「解除」ボタンをクリックしてライセンスを解除する

4. 続けて、「登録」ボタン>ライセンス種類:「正式版」>「ファイル選択」からライセンスキーを選択
  ※ライセンスキーは弊社でご用意いたしますので、お問い合わせください。

5.「登録」ボタンをクリックする。

2.オフライン閲覧キット

起動画面にロゴを入れることは可能ですか?
[ID:OP140818-06]
可能です。起動画面の見た目は、お好みの画像(JPEG形式)に差し替えることが出来ます。

「開発元が未確認のため開けません。」とメッセージが出で起動ができません。
[ID:OP150408-01]
Mac OS X 10.8 から導入された Gatekeeperというセキュリティ設定の影響によるものです。
基本的にはMac App Store 以外の場所からダウンロードしたアプリケーションには同様のメッセージが表示されます。

このメッセージが表示された場合は、Mac PC側で個別に対応する必要がありますので、下記サイトを参考に設定をお願致します。

▼OS X:Gatekeeper について(参考)
https://support.apple.com/ja-jp/HT202491

3.スコア機能

スコア機能が利用している「Google App Engine」は安全ですか?
[ID:OP140818-01, UPDATE:201408]
スコア機能は米Google社のクラウド・コンピューティング環境「Google App Engine」を利用して開発されており、Google社により高度な安全が保障されています。

参考情報として、以下をご参照ください。
Google Enterprise Japan 公式ブログ

スコア機能のレコード件数はどのようにカウントしますか?例えば、同じ人が2回受けたらどうなりますか?
[ID:OP140818-02, UPDATE:201408]
それぞれのコンテンツに応じて、以下のルールでカウントします。

・FLIPPER、STORMコンテンツの場合
コンテンツ作成時に決めた「完了基準(全体の何%見たら完了とするか)」を越えたタイミングで、閲覧完了のレコードがサーバーに送信されます。
完了基準に満たない状態で、視聴を止めた方の視聴情報は残りません。

・THiNQコンテンツの場合
問題数にかかわらず、1問目から最終問題までの解答情報が1レコードとして保存されます。例えば、10問のテストを30人が1回ずつ受講した場合、30レコードになります。最後まで解答していない方の解答情報は残りません。

いずれの場合も、同じ人が2回受けた場合、2回蓄積されます。

スコア機能で、同じ人が何度もテストを受けた場合、ログはどのように記録されますか?
[ID:OP141204-1, UPDATE:201408]
すべてログに記録されます。
「最新の結果だけ集計したい」場合や、「一番初めの結果だけ集計したい」場合は、結果をCSVでダウンロードの上、データを加工して集計をお願いいたします。
(例:EXCELやACCESSでデータを取り込み、タイムスタンプとユーザー名をキーにして、データを抽出後に集計など)

STORMとTHiNQそれぞれでスコア機能を使用しています。それぞれのコンテンツのレコードを合わせて上限1,000レコードでしょうか?それとも、STORMで上限1000、THiNQで上限1,000という計算でしょうか。
[ID:OP141204-2, UPDATE:201412]
後者の製品毎で上限1,000レコードとなっております。
※STORMで1000、THiNQで1000が標準での上限です。

スコア機能のレコード件数はどうカウントしますか?例えば、10問からなるテストを30人で受けた場合、10×30で300レコード使いますか?
[ID:OP141204-3, UPDATE:201408]
問題数にかかわらず、1問目から最終問題までの解答情報が1レコードとして保存されます。例えば、10問のテストを30人でひとり1回受けた場合、30レコードになります。

スコア機能は、無料で使えるのが1000レコードまでとのことですが、1000レコードを超えるとどうなりますか?
[ID:OP141204-4, UPDATE:201408]
1000レコードを超えた分は、保存されません。定期的に、結果のダウンロードと削除をお願いいたします。
1000レコード以上保存したい場合、有料にて可能ですのでお問い合わせください。

※1000レコードを超えた場合、受講者側には、「データ送信に失敗しました[再送信]とエラーが表示されます。

スコア画面へのログインが出来なくなってしまいました。
[ID:OP140812-04]
スコア機能の利用登録の際にご登録いただいた以外のGmailアカウントでログインされていませんか?
忘れた場合はお問い合わせください。

スコア画面に履歴が表示されません。
[ID:OP140818-04]
コンテンツをアップロードしたサーバーが外部からのアクセスを拒否するところに、設置されていませんか?
(例:イントラネット内のサーバーなど)

インターネット経由でのアクセスが拒否されてしまう環境にコンテンツをアップロードした場合、スコア機能で履歴情報を取得出来ません。

スコア機能を体験することはできますか?
[ID:OP140818-05]
体験版サイトをご用意しております。
受講者と管理者の操作を体験できますので、ぜひお試しください。
https://suite.logosware.com/option-solution/score/demo/

全問回答後「データ送信に失敗しました[再送信」と表示され、データ送信ができません。
[ID:OP141023-06]
■原因1
セットアップで登録したGoogleアカウント名と、コンテンツ作成時に登録したアカウント名がずれている場合、現象が発生します。正しい情報で設定して再度お試しください。

■原因2
閲覧者のネットワーク環境が不安定な場合、データを送信できずにメッセージが表示されることがあります。再度お試しいただいても解決しない場合、別の端末、別のネットワーク環境にてお試しください。

■原因3
閲覧者がネットワーク規制が厳しい海外から閲覧している場合、問題が発生する可能性があります。こちらのFAQをご参照ください。

■ 原因4
蓄積上限である『1,000レコード』を超えてる可能性があります。
該当する場合は、下記のいずれかでご対応ください。

方法1)
レコード件数を上限以下に減らす
1.スコア管理画面でデータをCSVダウンロードする
2.ダウンロードした分のレコードを管理画面上から削除

方法2)
上限レコード件数は、有料で増やすことができますので、弊社までお問い合わせください。
(10,000レコードあたりまで、月額1万円 ※税抜)

スコアの利用登録時に登録したgmailアカウントを変更したいです。どのような手続きが必要でしょうか?
[ID:OP151113-02]
弊社で変更いたしますので、変更後の新gmailアカウント(メールアドレス)をお知らせください。

▼手続きの流れ

1)Gmailアカウントを変更した後は、今までのGmailアカウントで取得した履歴は削除されます。
アカウント変更の前に予めスコア管理画面より、履歴データをダウンロードを行ってください。

※履歴データは、スコア管理画面の左メニュー:「受講結果」および「問題回答内容」からダウンロードを行ってください。

2)変更後の新gmailアカウント(メールアドレス)を弊社までお知らせください。

3)新Gmailアカウントを設定して再度コンテンツを公開し、履歴が溜まる事をご確認ください。

コンテンツが、海外から開けない、履歴が記録されない
[ID:OP141023-07]
スコア機能は、米グーグル社のクラウド・コンピューティング環境「Google App Engine」を利用して作られています。
そのため、国策等で当該サービスへのアクセスを制限しているエリアからは、コンテンツを開けない、回答情報が送信されないといった問題が発生することがあります。
申し訳ありませんが、ご理解の上ご利用ください。

スコア管理画面>結果簡易集計>3.問題データ選択 で「データが取得できません」と表示されてしまいます。
[ID:OP151119-01]
コンテンツデータの取得ができない場合、このようなエラーが表示されます。

▼原因1
該当のTHiNQコンテンツが、Webサーバー上から削除されていませんか?
簡易集計画面の結果を正しく表示したい場合は、WebサーバーからTHiNQコンテンツデータを削除しないでください。


▼原因2
該当のTHiNQコンテンツがベーシック認証などで保護されているWebサーバー上で公開していませんか?
簡易集計画面の結果を正しく表示したい場合は、ベーシック認証等で保護されていない領域に移動し、THiNQ Makerのパスワード機能をご利用ください。

スコア管理画面の結果簡易集計部分に作成したコンテンツの問題文や画像を表示させたくない
[ID:OP160809-01, UPDATE:201608]
THiNQコンテンツがアップロードされるWebサーバのディレクトリに
ベーシック認証が設定されていれば、
スコア機能の簡易集計で問題テキストや問題画像が表示されなくなります。

4.マニフェスト・エディタ

どんなときに使うものですか?
[ID:OP140815-01]
弊社ソフト(FLIPPER U、STORM Maker、THiNQ Maker)で作成したコンテンツを
①複数のコンテンツをまとめて学習管理システムに登録したい時
②他社製の学習管理システムに登録したい時 ※
に使用します。

※ マニフェスト・エディタを使用しなくても、そのまま使用可能な他社LMSもあります。

以下の学習管理システムでコンテンツを利用する際には、マニフェスト・エディタが必要です。
・Generalist/LM(東芝ソリューション株式会社)
・学び維新(リコージャパン株式会社)

カテゴリー一覧に戻る

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>