慶應義塾大学

TOP > デジタルブック作成ソフト FLIPPER U > FLIPPERお客さまの声 > 大学 > 慶應義塾大学

慶應義塾大学メディアセンター

慶應義塾大学

慶應義塾大学では、「電子図書館プロジェクト」が進行中です。このプロジェクトで作成した貴重書の高精細画像を学生や研究者向けにウェブ公開するために、LOGOSWARE FLIPPER が使用されています。慶應義塾大学メディアセンターでは、LOGOSWARE FLIPPER Maker を導入いただき、ご自身で作成を行っています。



慶應義塾大学メディアセンター本部 入江伸様に伺いました。
FLIPEER Makerを選択していただいた理由は?

インデックス機能・サムネール機能・付箋による情報共有機能・画像拡大機能などの機能が豊富で、研究者から求められていた機能が全て満たされていましたことが大きいですね。
また、Makerを使って自作していますが、使い方が簡単でとても作りやすいです。

FLIPEER Makerを使ってみて如何でしたか?

利用者からはとても好評です。はじめは興味を引くためにインターフェースとして利用したのですが、拡大できることや、付箋やインデックスをつけることができるために、研究への応用が可能となり、研究者からも使ってみたいという声があがっています。

機能についてご要望がございましたらお聞かせください

資料の版次、異版などを調査する際に、資料の違いがすぐにわかるようにするために、異なった画像を並べて比較することや、重ねた画像を透かして比較できると便利です。
また、研究者の付箋を共有して検索できることや意見をリンクしあう機能があると良いと思いました。貴重な画像を守るためのセキュリティー機能を安価で提供してくれるとうれしいですね。


*本記事は2008年3月に取材した内容をもとに構成しています。


LOGOSWARE FLIPPERを使ってみませんか?

すべての機能を、30日間無料でお試しいただけます。

無料体験版申し込みフォーム


似た条件の事例を見る


条件別に事例を見る

業種別に見る

用途別に見る

課題別に見る

利用プラン別に見る

関連製品別に見る