スリーエム仙台市科学館

TOP > クイズ・テスト作成ソフト THiNQ Maker > THiNQお客さまの声 > 一般企業・団体 > スリーエム仙台市科学館

展示物を見ながらスマホでクイズ、新サービスを展開

スリーエム仙台市科学館

 

仙台市科学館はこれまで、社会教育施設としての充実を図り、学校教育とも連携を深めながら、東北の中枢都市にふさわしい科学系博物館を目指し、機能の強化に努めてきました。今後も、創造性を培うための研修の場・学習の場・憩いの場として市民の多様なニーズに応えられるよう、高度な機能を備えた総合的で開かれた科学館をめざしています。

仙台市科学館様では今春、クイズ・テスト作成ソフト「THiNQ Maker」(シンク・メーカー)を導入してクイズを作成し、来館者が館内の展示物を見ながらスマートフォンやタブレット端末等でクイズを解くサービスを提供しています。

利用例スマホでクイズ



仙台市科学館 中田晋様に伺いました。
 紙のマークシートは問題変更が面倒

仙台市内の中学生向け科学館学習では従来、クイズを印刷したマークシートで解答してもらう形でした。紙ベースのため、容易に問題内容の変更ができませんでした。またマークシートを読み込んで合否を判定するリーダーに不具合が多かったために、タブレット等を利用した学習コンテンツの導入を検討しました。

手軽・安価にクイズ作成

THiNQ Makerであれば、手軽にクイズを作ることができ、料金が非常に安いことも決め手になりました。

マークシートリーダーの対応のための人員が不要になり、その時間に別の業務ができるようになりました。業務効率の向上も期待出来ます。

今後も、企画展等での展示を見ながらクイズを解くコンテンツとして、拡大利用を予定しています。


スリーエム仙台市科学館

http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp/

*本記事は2018年6月に取材した内容をもとに構成しています。


LOGOSWARE THiNQを使ってみませんか?

すべての機能を、30日間無料でお試しいただけます。

無料体験版申し込みフォーム


似た条件の事例を見る

同じ用途の事例

クイズ

同じ用途の事例はありません


条件別に事例を見る

業種別に見る

用途別に見る

課題別に見る

利用プラン別に見る

関連製品別に見る