テストコンテンツ作成ソフト THiNQ Xe(クロスィ)

TOP > テストコンテンツ作成ソフト THiNQ Xe(クロスィ) > 制約事項

最終更新:2020年4月8日

推奨動作環境の中で一部制約があるものや注意を要するもの、
上限値がある機能をまとめています。

閲覧側 / 作成ソフト側

閲覧側

環境による注意事項

ブラウザの制約事項 回避策

IE11に以下の制限があります。
閲覧ブラウザが次のいずれかの設定のときに、コンテンツが表示されません。

  1. 各閲覧者のIE11ブラウザの設定
    「設定>互換性表示>互換表示に追加したWebサイト」に閲覧しているWebサイトが登録されている。
  2. Webサーバーの設定
    コンテンツが掲載されているWebサーバーでドキュメントモード※が「7」「8」に指定されている。

※ドキュメントモードとは、サーバー側でIEに対して設定するものです。この設定をすると、IE11で閲覧しても古いIEとして動作するようになります。

次のいずれかを実行してください。

1の場合 【各閲覧者】
  1. IE11以外のブラウザでアクセスしてください。
  2. IE11の互換性表示の「有効」を解除してください。

<変更方法>
IEの設定>互換性表示設定を開き、閲覧しているWebサイトを「互換表示に追加したWebサイト」から削除してください。

2の場合【サーバー管理者】
Webサーバーに設定されているドキュメントモードを解除してください。
Apacheの設定でドキュメントモードの指定が可能です。

IE、Edge、Firefoxに以下の制限があります。

  1. 判定モードが「一問ごと/スキップ不許可」で、「次へ」ボタンを押す時。
  2. 必須入力設定[ON]で、未入力状態で[判定]ボタンを押す時。

通常はTHiNQ画面に「解答して判定ボタンを押してください」と表示されるが、ブラウザの出す「このページからメッセージを非表示にする」にチェックを入れると確認メッセージが表示されなくなります。

  1. 判定モードが「最後一括/確認あり」または必須入力設定が[ON]で、「全問一括判定」ボタンを押す時。

通常はTHiNQ画面に「すべての問題の判定を行います。よろしいですか?」と表示されるが、ブラウザの出す「このページからメッセージを非表示にする」にチェックを入れると確認メッセージが表示されなくなり、判定ができなくなります。

ブラウザの出す「このページからメッセージを非表示にする」にチェックを入れないで下さい。 チェックを入れてしまった場合は、ブラウザを「✕」でとじて、再度ブラウザを起動しなおして下さい。

作成ソフト側

作成ソフト側に制約事項はありません。

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>