eラーニングパッケージ LOGOSWARE SUITE

TOP > eラーニングパッケージ LOGOSWARE SUITE > SUITE仮想デスクトップ版 詳細

仮想デスクトップ版は、SUITEをクラウド上で利用できるプランです

仮想デスクトップとは、クラウド上にあるパソコンをリモートで操作する仕組みです。 SUITE仮想デスクトップ版は、クラウド上のパソコンにSUITE製品をインストールしてあります。よってご自身のパソコンにSUITE製品をインストールしていただく必要はございません。

SUITE仮想デスクトップ版の3つのメリット

メリット1
共同で利用できる

仮想デスクトップ版なら、複数人で同じソフトを共同で利用することができます。購入するソフトは1つで済みます。人数分のソフトを購入する必要はありません。

※同時に利用できるのは、1人です。

メリット2
会社でも家でも、同じソフトが使える

仮想デスクトップ版なら、場所に依存せず同じソフトを利用することができます。会社で作業した内容を、家でも引き継げるので、リモートワークにもピッタリです。

メリット3
WindowsでもMacでも利用できる

仮想デスクトップ版はデスクトップ版と異なり、端末に依存しません。デスクトップ版だと動作しないMacも、仮想デスクトップ版なら利用することができます。

SUITE仮想デスクトップ版の使用方法

SUITE仮想デスクトップ版は、ご自身のパソコンから仮想デスクトップにアクセスし、仮想デスクトップ内のSUITEを操作して使用します。

当社では仮想デスクトップ環境を作るツールとして、Amazon WorkSpaceを利用しています。お客さまには仮想デスクトップにアクセスするためのソフト(Amazon WorkSpace)と、仮想デスクトップとの共有フォルダ(Amazon WorkDocs Drive)をインストールしていただきます。

実際のご利用の流れは以下のようになります。

  1. 共有フォルダで、ご自身のパソコンから仮想デスクトップに素材を送ります
  2. 仮想デスクトップにアクセスして、SUITEでコンテンツを作成します
  3. 作成したコンテンツを、共有フォルダでご自身のパソコンに送ります

デスクトップ版と仮想デスクトップ版の違い

デスクトップ版 仮想デスクトップ版
最適なユーザー
  • 月払い定額制以外のプランを契約したい方
  • オフライン環境で利用したい方(年間定額制、パッケージ販売のみ)
  • Mac OSのパソコンをご利用の方
  • 離れた拠点にいる複数のご担当者でソフトを操作したい方
  • リモートワークをしており、会社でも家でも、ソフトを操作したい方
利用方法 パソコンにアプリケーションをインストールして利用 インターネット上のアプリケーションを利用
対応OS Windows
※THiNQ XeはMacも対応
Windows、Mac
インストール制限
/利用人数
1ライセンスあたり1台のPCに限ってインストール可能
  • 1ライセンスあたり1環境に限ってインストール可能(提供時点でインストール済み)
  • 同一環境を複数人で利用可能(同時利用は1名)
データ保管容量 制限なし
※お客さまの使用PCに依存します
50GB(SUITEアプリケーション分3.4GB含む)
プラン 月払い定額制、年間定額制、パッケージ販売など 月払い定額制のみ

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>