STORM Xeリリース:音声を埋め込んだPPTでコンテンツ作成可能になりました

TOP > ニュース > STORM Xeリリース:音声を埋め込んだPPTでコンテンツ作成可能になりました

STORM Xeリリース:音声を埋め込んだPPTでコンテンツ作成可能になりました

LOGOSWARE STORM Xeが3.3.0にバージョンアップしました。

3.3.0では、mp3を埋め込んだPowerPointをコンテンツ化する機能を実装しました。

「別録りしたmp3ファイルを、スライドごとに埋め込んだPPTファイル」だけではなく、
PowerPointの録音機能を利用して音声を埋め込んだPPTファイル」も素材としてご利用可能です。
この機能の実装により、より簡単に、すばやくコンテンツを作成できるようになりました。

PowerPointの録音機能を利用したコンテンツ作成


リリース日

  • 2021年9月7日

新機能

  • スライド内に音声ファイルを録音・挿入したパワーポイントを使って、コンテンツを作成できるようになりました。

機能改善・追加

  • コンテンツ作成時と書き出し時に、ドライブの空き容量が不足(1GB未満)していないか確認し、不足している場合はポップアップを表示するよう改善しました。

仕様変更

動画書き出しで以下の仕様変更があります。

  • 動画書き出し時STORM Xeを表示しているディスプレイの設定が、以下である必要があります。
    ・ディスプレイの表示倍率100%の設定であること
    ・ディスプレイの解像度がSTORMで設定した「出力サイズ」以上であること
  • 上記の設定の確認を、STORM Xeを表示しているディスプレイの設定を元に確認するようにしました。(以前
    のバージョンでは、メインディスプレイの設定を確認していました。)
  • 共有機能からFacebookを除外しました。

リリースノートはこちら


STORM Xe製品ページ

https://suite.logosware.com/storm-maker/


本件についての問い合わせ先

本件につきまして、ご不明な点がございましたら、当サイトのメールフォームか、support@logosware.comまでご連絡くださいますようお願いいたします。