STORM Xeリリース:動画のみコンテンツがSRTインポートに対応

TOP > ニュース > STORM Xeリリース:動画のみコンテンツがSRTインポートに対応

STORM Xeリリース:動画のみコンテンツがSRTインポートに対応

LOGOSWARE STORM Xeが3.2.0にバージョンアップしました。

動画だけを素材として作成するコンテンツ「動画のみコンテンツ」がSRT(subrip Text)ファイルインポートに対応。インデックスや表示テキストにSRTファイルの内容が設定可能になりました。 インポート機能の実装によって、動画コンテンツがより効率的に作成できます。


リリース日

  • 2021年4月15日

新機能

  • 「動画のみコンテンツ」作成モードに、SRTファイルのインポート機能を追加しました。
    これにより、動画の字幕テキストの表示が容易になります。字幕テキストは、インデックスまたは表示用テキストの領域に表示されます。

機能改善・追加

  • 作成済み動画コンテンツの編集時に、動画ファイルの差し替えができるようになりました。
  • インデックスの表示が、コンテンツの再生に連動して自動スクロールするように改善しました。
  • インデックスで、半角・全角スペースと改行が使えるようになりました。
  • 書きだした動画の表示テキストがぼやけてしまうことがある事象を改善しました。

仕様変更

  • 機能改善・追加で行った品質向上に伴い、動画書き出し時はディスプレイの表示倍率は100%設定必須となりました。
  • 共有機能からFacebookを除外しました。

不具合修正

  • 音声合成プレミアムで、「スペック」を「スピック」と誤読してしまう問題を修正しました。

リリースノートはこちら


STORM Xe製品ページ

https://suite.logosware.com/storm-maker/


本件についての問い合わせ先

本件につきまして、ご不明な点がございましたら、当サイトのメールフォームか、support@logosware.comまでご連絡くださいますようお願いいたします。