【重要】FLIPPER およびSTORM におけるTwitter タイムライン表示について

TOP > ニュース > 【重要】FLIPPER およびSTORM におけるTwitter タイムライン表示について

【重要】FLIPPER およびSTORM におけるTwitter タイムライン表示について

お客様各位

拝啓 時下いよいよご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、格別のご引き立てにあずかり厚くお礼申し上げます。

さて、当社製品FLIPPER UおよびSTORM Makerによって生成されたデジタルコンテンツには、表示画面の右側側面にTwitterタイムラインを表示させるオプション機能があります。
今回、Twitter社のAPI 規定変更に伴い、この仕様を一部変更する必要が生じました。

変更の内容とその対処方法を以下にご説明いたします。

背景

当社のFLIPPER UおよびSTORM Makerによって生成されたデジタルコンテンツにおいて、表示画面の右側側面にTwitterタイムラインを表示させる機能は、米国Twitter社が提供するAPI 機能を利用するものです。
2012年9月、Twitter社により、新しいAPI 仕様(TwitterAPI バージョン1.1)がアナウンスされ、旧方式は2013 年3 月をもって停止されることになりました。
これに伴い、表示画面の右側側面にTwitterタイムラインを表示させる機能が使えなくなります。

影響の範囲

  • FLIPPER3 MakerまたはFLIPPER Uを利用し、Twitterタイムラインを画面表示させる形式で生成されたコンテンツ
  • STORM Makerを利用し、Twitterタイムラインを画面表示させる形式で生成されたコンテンツ
    (なお、Twitter本体への投稿機能には影響を及ぼしません。Twitter投稿機能は継続してご利用いただけます。)

既存FLIPPERコンテンツに対する対応方法

該当するコンテンツは、次の方法によって対応いただけるようお願いいたします。

コンテンツのファイル内にある、「index.html」ファイルの修正を以下の通り行ってください。

index.html 内の下記5 行を削除します。

この処理により、コンテンツ画面上にTwitterタイムラインが表示しなくなります。

既存STORM コンテンツに対する対応方法

該当するコンテンツは、次の方法によって対応いただけるようお願いいたします。

コンテンツの起動ファイルを、「share.html」から「index.html」に変更してください。

この処理により、コンテンツ画面上にTwitterタイムラインが表示しなくなります。

今後の製品バージョンにおける仕様変更予定

■FLIPPER U

現在のバージョンでは[編集]-[デザイン設定]-[スキンオプション]-[コントーラーの機能]にある「ソーシャル機能」にチェックを入れると「Twitterタイムライン」が表示されますが、次期バージョン(バージョン4.1.1)では表示されなくなります。次期バージョンは、2013年1月~2月に出荷される予定です。

■STORM Maker

STORM のコンテンツにおけるTwitterタイムライン表示は、生成されたファイルを手作業で加工する方法をとっていたため、STORM Makerにおける仕様変更は生じません。

参照URL

Overview: Version 1.1 of the TwitterAPI
https://dev.twitter.com/docs/api/1.1/overview

■このお知らせのドキュメントPDF

以上