マニフェスト・エディタ

マニフェスト・エディタは、複数教材で構成される学習コース用マニフェスト・ファイルを誰にでも簡単に作成できるようにする便利なソフトです。

マニフェスト・エディタ

マニフェスト・エディタは、学習教材コンテンツの配置順などを記述したマニフェスト・ファイルを生成し、
さらに各学習教材コンテンツ(SCOと呼ばれる)を読み込んで、ひとつのZIPファイルにパッケージ化します。

LMSへの登録は、このパッケージ化されたZIPファイルをアップロードするだけです。
SCORMやXMLなどの専門知識を必要とせず、誰でも簡単に複数学習教材から成るコースをLMSに登録できるようになります。


マニフェスト・エディタの必要性の背景

学習教材コンテンツと学習管理システム(LMS)間の通信規格として、SCORMと呼ばれる規格が広く利用されています。この標準規格に則る場合、学習管理システム(LMS)に登録する際に、「マニフェスト・ファイル」と呼ばれるファイルを用意する必要があります。
「マニフェスト・ファイル」とは、LMSに読み込まれる階層型コース構造を記述したXML形式のファイルです。

従来より多くの学習教材作成ソフトは、SCORM対応マニフェスト・ファイルの出力をサポートしていましたが、そのほとんどは、単一の学習教材コンテンツをサポートするのみでした。 ひとつの学習コースが複数の学習教材コンテンツによって構成される場合、そのマニフェスト・ファイルは、LMS運営者が手作業で作成する必要がありました。しかし、このマニフェスト・ファイル作成は、SCORM規格に関する知識とXML形式のファイルを作成できる知識を必要とするため、LMS運営者にとって大きな負担でした。

ロゴスウェアが開発・提供するマニフェスト・エディタは、これらの問題を解決します。


推奨動作環境

OS Windows® 8.1 日本語版
Windows® 7 日本語版
Windows® XP SP2以降
CPU Intel Pentium 1GHz 以上
メモリ 512MB 以上の空きメモリ
モニタ 解像度1024×768、16ビット以上を表示可能なカラーモニタ
ソフトウェア Adobe AIR 1.5以上のランタイム環境

※Manifest Editorインストール時に合わせてインストールされるため、別途準備いただく必要はございません。

環境 インターネット接続環境

※ソフトウェア起動時にアップデート情報の確認を行います。最新プログラムがリリースされている場合は、弊社サーバーよりダウンロードを実行します。
※インストール時には管理者権限のアカウントでログインしている必要があります。


価格

40,000円(税別)

※作成ソフトとセットになっているe-LEARNING SUITEもお得です。


リリースノート

マニフェスト・エディタのリリースノート(154KB) 更新日:2014/1/27 文書No.13-MF990141