プレゼン型コンテンツ作成ソフト STORM Maker(旧バージョン)

TOP > プレゼン型コンテンツ作成ソフト STORM Maker(旧バージョン) > よくある質問/FAQ > 回答


カテゴリー一覧に戻る


1.わからないことがあったら?


2.概要(購入、動作環境)


3.基本的な機能、仕組みを知りたい


4.こんなことできますか?


5-1.トラブルシューティング(環境設定)


5-2.トラブルシューティング(再生・閲覧)


5-3.トラブルシューティング(編集)


5-4.トラブルシューティング(PowerPoint変換)


5-5.トラブルシューティング(音声合成)


5-6.トラブルシューティング(書き出し)


5-7.トラブルシューティング(LMS・SCORM関連)

1.わからないことがあったら?

事前に操作マニュアルを見る事は可能ですか?
[ID:ST111124-01, UPDATE:201508]
はい。お客さまサポートサイトのマニュアルで公開しております。
キーワード検索もできます。

技術的なドキュメントを公開している所はありますか?(最近更新されたホワイトペーパーは?)
[ID:ST111124-02, UPDATE:201508]
はい。お客さまサポートサイトのマニュアルで公開しております。
キーワード検索もできます。

トラブルが発生しています、どうしたらよいですか?
[ID:, UPDATE:201111]
お客さまサポートサイトでマニュアル・技術資料FAQを公開しておりますので、該当項目がないかご確認ください。

それでも解決しない場合は、support@logosware.com まで問い合わせください。

お問い合わせの際、以下の情報をお送りいただけると、スムーズに解決できます。
▼制作者環境
・ STORM Maker のバージョン (STORM Maker起動>ヘルプ>製品情報)
・ STORM MakerがインストールされているPCのPowerPointバージョン 
 (PowerPointのショートカット右クリック>プロパティ)
・ 制作者のOS
・ 制作者のInternetExploreのFlash Playerバージョン (Internet Explorerで、このサイトにアクセスすると表示)
・ コンテンツの場所 (自分のPC、Webサーバ、LMS)
▼閲覧者環境
・ 閲覧トラブルが起きているブラウザ種類、バージョン
・ 閲覧トラブルが起きているブラウザのFlashPlayerバージョン
▼その他
・ 問題の状況を詳しく教えてください。現象や、前後に行った操作など。
・ 表示されたエラーや、トラブルが起きている画面をキャプチャし、添付していただけると、問題の特定に役立ちます。

2.概要(購入、動作環境)

windows10に対応していますか?
[ID:ST151125-01, UPDATE:201511]
閲覧者環境、制作者環境ともにWindows10に対応しております。
詳細は動作環境のページを参照してください。
https://suite.logosware.com/storm-maker/products/requirements/

PowerPoint2016に対応していますか?
[ID:ST151125-01, UPDATE:201511]
対応していません。
PowerPoint変換時に失敗しますので、PowerPoint2007~2013がインストールされているパソコンをご用意ください。

詳細は動作環境のページを参照してください。
https://suite.logosware.com/storm-maker/products/requirements/

サーバーで利用できますか?
[ID:ST120508-01, UPDATE:201205]
推奨動作環境、およびライセンス上、サーバー用OSではLogosware Suite製品をインストール・ご利用いただけません。

購入の手続き方法を教えてください
[ID:ST111124-04, UPDATE:201508]
まずは、製品申し込みフォームよりお申込みください。追ってお見積書、注文書をご案内いたします。

年次更新の手続き方法を教えてください。(年間定額制をご契約している方)
[ID:ST111124-05, UPDATE:201508]
まずは、更新をご希望の旨、sales@logosware.comまでご連絡ください。追ってお見積書、注文書をご案内いたします。

保守契約の更新手続き方法を教えてください。(パッケージ販売をご契約している方)
[ID:ST111124-06, UPDATE:201508]
まずは、更新をご希望の旨、sales@logosware.comまでご連絡ください。追ってお見積書、注文書をご案内いたします。

発注後、納期はどれくらいかかるのでしょうか?
[ID:ST111124-07, UPDATE:201111]
STORM Makerをご購入される場合は前入金とさせていただいております。
ご入金確認後、3営業日で納品いたします。
お急ぎのお客様にも柔軟に対応いたしますので、その際にはご相談ください。

「年間定額制」と「パッケージ販売(買い取り)」の違いが分りません
[ID:ST111124-08, UPDATE:201111]
【年間定額制】
1年単位の固定料金で、ソフトウェアをご利用できるプランになります。
2年目も継続してご利用される場合は更新のお手続きが必要になります。

【パッケージ販売(買い取り)】
ソフトウェアの買い取りタイプとなります。使用期限はございません。
なお、パッケージ販売では2年目以降任意の保守契約がございます。
年間定額制・パッケージ販売ともに、利用できる機能は全て同じです。

バリュー、レギュラー、エキスパートの違いが分りません
[ID:ST111124-09, UPDATE:201408]
詳細はこちらをご覧ください。

契約後、違うグレード(バリュー、レギュラー、エキスパート)に変更することは可能ですか?
[ID:ST111124-10, UPDATE:201111]
柔軟に対応させていただきますので、その際は別途ご相談ください。

代理店になるためにはどうしたらよいでしょうか?
[ID:ST111124-11, UPDATE:201111]
代理店制度がございます。代理店契約の詳細などについては、ロゴスウェアまでお気軽にお問い合わせください。
なお、製品をご評価いただく為の体験版もご用意しておりますので操作性をぜひお試しください。

3.基本的な機能、仕組みを知りたい

書き出したコンテンツのデータ構成を教えてください
[ID:ST111124-17, UPDATE:201602]
STORMコンテンツは、おおまかに以下の3つの要素で構成されています。

 ①コンテンツのプレイヤー
 ②コンテンツの制御ファイル
 ③コンテンツの素材

コンテンツの閲覧時には、①~③の要素の全てが必要となります。
コンテンツをWebサーバなどにアップロードするときには、書き出しだフォルダー一式をサーバへアップロードしてください。
index.htmlを開くとコンテンツが開き再生が開始されます。

作成したコンテンツのファイルサイズを教えてください
[ID:ST111124-18, UPDATE:201509]
ファイルサイズはご利用になった素材によって異なります。また、ご利用のSTORM Makerのバージョンや、各種設定によっても異なります。今後作成される予定のコンテンツに近い測定用コンテンツをお作りいただき、サイズを測定することをお薦めします。コンテンツサイズに影響しやすい項目は以下の通りです。

・ PowerPointの枚数
・ 音声ファイル(MP3)のサイズ
・ 動画ファイル(MP4,AVI,WMV,FLV)のサイズ
 ※動画はサイズが大きいため、特に影響が大きいです
・ 音声合成原稿の文字数
・ スマートフォン・タブレット用コンテンツを作るかどうか

ご参考までに、弊社コンテンツのサンプルのサイズをご案内します。一例としてご確認ください。
・ 音声合成コンテンツ15分・スマホタブレットあり → コンテンツによって10MB~15MB
・ ビデオ入りコンテンツ15分・スマホタブレットあり → コンテンツによって40MB~140MB
・ ビデオ入りコンテンツ1分30秒・スマホタブレットあり → 約10MB
・ スライドのみコンテンツ10枚 → 2.5MB~5MB

1つのコンテンツで作成できる時間はどれくらいですか?
[ID:ST111124-20, UPDATE:201111]
最大2時間までのコンテンツを作成できます。

【参考】
パソコンの処理能力などに応じ、コンテンツが長時間になると、STORM Maker 編集画面が不安定になることがあります。
閲覧していただきやすくする為にも、1コンテンツあたりの時間はあまり長くせず、コンテンツを分割して作成いただくことをお勧めしております。

SCORMに対応していますか?
[ID:ST111124-21, UPDATE:201507]
はい、STORM Makerで作成したコンテンツはSCORM1.2・SCORM2004に対応しています。
基本的にはどのようなLMS上でも動作いたしますが、まれにLMSの特性によりカスタマイズが必要となる場合がございます。
そのようなカスタマイズにも柔軟に対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
LMSでの動作実績については、こちらをご参照ください。

PowerPointに設定してあるアニメーションは全て再現できますか?
[ID:ST111124-22, UPDATE:201511]
コンテンツの形式によって、アニメーションの再現が異なります。

▼Flashコンテンツ (主に、パソコン覧時時)
一般的に使用されるようなアニメーションは基本的に変換可能です。

▼HTML5コンテンツ (スマートフォン、タブレット閲覧時)
PowerPointに設定されているアニメーション効果は、全てフェードイン、またはフェードアウトに
置き換えられます。
※STORM Maker1.13.0以下で書き出したコンテンツは、アニメーションが無効となります。

パソコンで閲覧する場合は、Flashコンテンツ / HTML5のどちらを再生するかコンテンツ書き出し時に設定できます。

詳細は、操作マニュアルをご確認ください。

パソコン、スマートフォン、タブレット全て共通のURLで閲覧できますか。
[ID:ST111124-24, UPDATE:201508]
共通のURLで閲覧することが可能です。詳細は、以下をご参照ください。
マルチデバイス用コンテンツ(スマートフォン対応)の概要

スマートフォン、タブレットで閲覧するにはアプリが必要ですか?
[ID:ST111124-25, UPDATE:201508]
いいえ、必要ありません。
標準ブラウザ(iPhone/iPadならSafari、Androidなら端末の標準ブラウザ)から閲覧することが可能です。
※オフラインでは閲覧できませんので、ご注意ください。

スマートフォンでコンテンツを閲覧中、着信があった場合はどうなりますか?
[ID:ST111124-26, UPDATE:201111]
電話の声とSTORMコンテンツの音が同時に聞こえることがあります。

推奨しているFLV変換ソフトはありますか?
[ID:ST111124-27, UPDATE:201509]
FLVファイルの動画をSTORM Makerに取り込む際は、以下資料を参考にファイルをご用意ください。
動画をFLV形式へ変換する際のソフト/設定値

尚、STORM Maker ver1.13.0より、従来からサポートしているFLV形式の動画に加え、新たにMP4, AVI, WMV形式の動画ファイルも取り込めるようになりました。

スコア機能とはなんですか?
[ID:ST131002-01, UPDATE:201408]
簡易的に学習履歴を蓄積するためのサーバー・システムです。STORM Makerレギュラー版またはエキスパート版の購入者に無償提供(※1)されます。
デモ環境をご用意しておりますので、こちらからお試しください。

※1 無料サービスは、月間1,000レコードまでとなります。
※2 本格的なeラーニングシステムをお考えの場合は、学習管理システム(LMS)の導入をご検討ください。ロゴスウェアでは、PlatonというLMSをご提供しております。

STORM Makerで作成されたコンテンツの再生方式を教えてください。
[ID:ST151113-01]
動画や音声などのファイルをダウンロードしながら、全体の受信完了を待たずに同時に再生を開始する仕組みとなっています。(プログレッシブダウンロード方式)

≪詳細≫
STORMコンテンツを再生する際は、今見る部分を構成するデータ(スライドやnote部分等の静的データや、そのページ部分で表示する動画)のダウンロードが完了したら再生が開始されます。
※使用した動画ファイルが1ファイルだったとしても、ファイル全部を読む訳でなく15秒分ダウンロードが出来れば再生が開始されます
※再生が開始されている間にも後続のデータを順次ダウンロードしています。
※ダウンロードが追いついていない時はバッファリングの状態となります。

4.こんなことできますか?

体験版でも、音声合成や、PPTアニメーションを試せますか?
[ID:ST120604-01, UPDATE:201602]
はい、体験できます。ぜひお試しください。

・ PPTアニメーション(PowerPointのアニメをコンテンツに反映する)
 設定: 不要です(本体の認証だけで体験できます)
 制約: スライドに、「Evaluation Use Only」と表示されます

・ 音声合成(PowerPointノート部などを現行として、ナレーションを合成する)
 設定: 不要です(本体の認証だけで体験できます)
 制約: 変換できるのはPowerPointあたり20字程度で、頭に「サンプルです」と入ります

体験版の制限事項については、以下の資料をご参照ください。
▼体験版の制限事項
https://doclib.logosware.com/-site_media/media/content/files/book/213/8/book.pdf

体験版で作成したコンテンツの透かし文字(Evaluation Use Only)を消すことはできますか?
[ID:ST111124-28, UPDATE:201508]
体験版でのライセンスキーで認証をしている場合は消すことはできません。

この透かし字を消す為に必要な条件は、
・STORM Maker本体、PPTアニメーション(オプション)のご契約が必要。
・認証がお済みである事。

上記の条件が全て揃った状態でSTORM Maker上でPowerPointを差し替えると、透かし時が消えます。
詳しい手順は操作マニュアル(目次:C2 Evaluation Use Onlyを消したい)をご確認ください。

一度作ったコンテンツのPowerPointを変更しました。新しいPowerPointに差し替えられますか?
[ID:ST111124-29, UPDATE:201111]
差し替え可能です。
詳しい手順は操作マニュアル(目次:C2 Evaluation Use Onlyを消したい)をご確認ください。

任意のタイミングで画面のレイアウトを変更することはできますか?
[ID:ST111124-30, UPDATE:201511]
任意のタイミングでレイアウトを変更できます。
スライドのみを前面に表示させたり、あるときは、ビデオを大画面で表示させ、スライドを小さく見せたりできます。

詳しくは、操作マニュアル(A12. 画面のレイアウトを変更する)をご確認ください。

閲覧者が読み飛ばしをしないような防止機能はありますか?
[ID:ST111124-31, UPDATE:201111]
はい。読み飛ばしを防止できます。
任意のメニューへスキップして視聴することの可否を選択できる機能がございます。
「不許可」と設定した場合は、メニュースキップはもちろん、進捗バーも動かせなくなります。

コンテンツの編集>基本設定>高度な設定>スキップ再生-「不許可」
※初期設定では「許可」になっています。

PowerPointスライドで設定したハイパーリンクは、書き出したコンテンツで有効になりますか?
[ID:ST111124-34, UPDATE:201511]
コンテンツの形式により異なります。

▼Flashコンテンツ (主に、パソコン覧時時)
有効です。

▼HTML5コンテンツ (スマートフォン、タブレット閲覧時)
無効です。

パソコンで閲覧する場合、Flashコンテンツ / HTML5のどちらを再生するかコンテンツ書き出し時に設定できます。

中国語のコンテンツは作成できますか?
[ID:ST111124-35, UPDATE:201111]
中国語で作成されたPowerPointは、正しく変換できることもありますが、以下の機能は文字化けを確認しておりますのでご利用いただけません。
・音声合成/テロップ
まずは、体験版で動作をご確認いただくことをお勧めいたします。

作成したコンテンツの印刷や、画像コピーを禁止する機能はありますか?
[ID:ST111124-36, UPDATE:201509]
STORM Makerには、そのような機能はございません。

一般的に画面キャプチャを防止するソフトウェア>が多く販売されておりますので、別途ご検討ください。
「画面キャプチャ 禁止 ソフト」の検索結果 

無料で使える追加スキンはありませんか?
[ID:ST111124-37, UPDATE:201111]
エキスパートユーザーの方のみ、こちらのページで、無償配布スキンを配布しております。

スキンのカスタマイズは可能ですか?出来上がったコンテンツのレイアウトに、自社のコーポレートカラーや、ロゴを入れたいと思っています。
[ID:ST111124-38, UPDATE:201111]
はい、可能です。
スキンのカスタマイズ(有償)は、ロゴスウェアで承っておりますので、ご相談ください
カスタマイズスキンをご利用頂くには、エキスパートでのご契約が必要です。また、お客様ご自身でのカスタマイズはできませんので、ご了承ください。

スマートフォン/タブレットで閲覧できるコンテンツを作りたいです。
[ID:ST111124-39, UPDATE:201602]
スマートフォン/タブレット向けには、HTML5版のコンテンツを作成することが可能です。

コンテンツの作成方法

1.コンテンツを新規作成する場合
 基本的にスマートフォン/タブレット向けのコンテンツは、自動的に作成されます。

2.既存コンテンツを対応させたい場合
 最新版のSTORM Makerにバージョンアップします。
 その後、コンテンツ名を右クリックし「コンテンツの設定」を選択します。
 コンテンツ設定よりスマートフォン/タブレット向けコンテンツに対応した設定に変更します。


具体的なコンテンツ概要は以下の資料をご参照ください。
▼スマートフォン・タブレット対応の概要
スマートフォン・タブレット対応の概要

コンテンツサイズを出来るだけ小さくしたいです(スマートフォン閲覧のため)
[ID:ST120719-03, UPDATE:201509]
▼ 一番簡単な方法
コンテンツを分割していただくことが可能でしたら、その方法が一番簡単で、効果があります。(例: 30分のコンテンツを、10分×3本のコンテンツに分割する)

▼ 自前の音声ファイル(mp3)、ビデオファイル(MP4,AVI,WMV,FLV)をご利用の場合
素材の中でサイズが大きいのは音声ファイルや動画ファイルなので、品質を下げると、サイズが小さくなります。
目安は、音声ファイルであれば「モノラル/ビットレート48kbps」、ビデオファイルであればSTORM Maker取り込み時に「低品質」をお選びください。
※ 実際にサンプルをおつくりになり、使用感とサイズのバランスをご確認ください。

また、音声ファイル、ビデオファイルを分割すると、1回あたりの読み込み時間は短くなります。ただし、必要になったときに読み込みますので読み込みの回数は増えます(添付イメージ参照)。

▼ 音声合成コンテンツの場合(スマートフォンコンテンツ対応)
スマートフォン用コンテンツを、「HTML5の方式( https://doclib.logosware.com/content.html#!/128/ )」で作成している場合、以下の設定で音声合成のmp3をSTORMコンテンツのメニュー毎に分割するようになります。結果、1メニューあたりの読み込み時間が短くなります。(ただし、切り替わりごとに読み込みが発生します)
※この設定をした場合、スマホやタブレットで閲覧した場合、各メニュー毎で再生が一時停止します。

 STORM起動>コンテンツフォルダ右クリック
   >コンテンツの設定
   >スマートフォンコンテンツの音声をメニュー毎に分割する をチェックする

音声合成機能を使ったコンテンツの制作方法が分かりません。
[ID:ST111124-42, UPDATE:201408]
クイックスタートガイドをご確認ください。
該当ページ:簡単作成モード~音声合成コンテンツ~

音声合成のナレーションに間を持たせたいのですが、可能ですか?
[ID:ST120105-01, UPDATE:201201]
はい、可能です。
簡単作成モードTIPS(PowerPoint応用設定)

STORM Makerで作成したものをYouTubeで動画配信したいのですが、可能ですか?
[ID:ST120604-03, UPDATE:201206]
「動画書き出し」の機能をご利用ください。出来上がりイメージは、以下のとおりです。
STOTMの動画書き出し機能を使用した、YouTube放送用のコンテンツサンプル

操作方法は、操作マニュアルの「動画書き出し」の項目をご参照ください。この方法でmp4ファイルができますので、それをYouTubeにアップロードしてください。

【注意】
パソコンのサウンドデバイスに「ステレオミックス機能」が無い場合、USB外付けサウンドデバイス等を使用する必要があります。サウンドデバイスの詳細については以下をご覧ください。
音声付き動画書き出しを行う場合のサウンドデバイス設定方法について

自分のPCにステレオミックス機能があるか、ないかは、どのように確認すればよいでしょうか?
[ID:ST111124-43, UPDATE:201111]
以下の文書をご参照ください。
音声付き動画書き出しを行う場合のサウンドデバイス設定方法について

ステレオミックス機能の推奨商品を教えてください。
[ID:ST111124-44, UPDATE:201408]
弊社で推奨している製をご紹介します。 推奨商品Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2
※本製品の使い方はメーカーまで直接お問い合わせください。
※本製品は直接メーカーからご購入ください。 (弊社では販売しておりません。)

動画書き出しデータ(mp4)を確認できるプレイヤーを教えてください。
[ID:ST111124-45, UPDATE:201111]
mpeg4が再生できるプレイヤーでご確認ください。

【QuickTime】(推奨)
http://www.apple.com/jp/quicktime/download/

【Windows Media Player 12】
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/download/
※通常、Windows Media Player 11以下ではmp4は再生できませんが、エンコードを追加することで再生可能です。

STORM コンテンツから、PDFや、テスト(THiNQコンテンツ)、デジタルブック(FLIPPERコンテンツ)などを開きたいです。
[ID:ST111124-46, UPDATE:201403]
▼方法1(推奨)
STORMコンテンツのロゴ画像に対して開きたいデータの公開URLを設定する方法

設定手順につきましては、コンテンツ連結の設定方法をご参照ください。

▼方法2
PowerPointのスライドに開きたいデータの公開URLをハイパーリンクで設定する方法
※スマートフォン、タブレットの閲覧非対応(スライド部分のリンクが無効のため)

1)FLIPPER/THiNQコンテンツ またはPDFをWebサーバにUPする
2)PowerPoint のハイパーリンクの設定で、1)のURLを指定する
3)2)のPowerPointを素材として、コンテンツを作成する

▼方法3(ロゴのURLとして相対パスで指定する)
※ ローカル確認時はFireFoxのみ(IE、Chromeは、NG)
※ STORM1.10.3までは、スマートフォン、タブレットでロゴが表示されません

1)ロゴ画像を設定し、URLとして相対パスを指定する。
 ※ 例: ./book/index.html
 ※ フォルダ名(book)、起動ファイル名(index.html)は適宜変更する
2)コンテンツを書き出す。
3)書き出したコンテンツフォルダを開き、「image」フォルダの中に、1)で指定したフォルダを作る(本例では「book」)
 ※ 相対パスの起点となるフォルダは、「書き出したフォルダ/image/」です。
4)3)で作成したフォルダに、データを入れる。
 ※フォルダ直下に、起動ファイルがある状態にする(本例ではindex.html)
5)ローカルでのコンテンツを確認する場合は、FireFoxで確認する。


▼方法4(PowerPointのスライドに相対パスでリンクを書く)
※ PowerPoint2007・2010・2013のみ(2003はNG)
※ ローカル確認時はFireFoxのみ(IE、Chromeは、NG)
※スマートフォン、タブレットの閲覧非対応(スライド部分のリンクが無効のため)

1)PowerPointの「ハイパーリンク」の設定で、相対パスを指定する。
 ※ 例: ./book/index.html
 ※ フォルダ名(book)、起動ファイル名(index.html)は適宜変更する
2)1)のPowerPointを使いコンテンツを作成し、書き出す。
3)書き出したコンテンツフォルダを開き、「slide」フォルダの中に、1)で指定したフォルダを作る(本例では「book」)
 ※ 相対パスの起点となるフォルダは、「書き出したフォルダ/slide/」です。
4)3)で作成したフォルダに、データを入れる。
 ※フォルダ直下に、起動ファイルがある状態にする(本例ではindex.html)
5)ローカルでのコンテンツを確認する場合は、FireFoxで確認する。

英語の音声合成オプションはありますか?
[ID:ST120706-02, UPDATE:201508]
申し訳ありませんが、英語の音声合成オプションはありません。別途、他社の音声合成ソフトウェアでmp3ファイルをつくり、通常作成モードで取りこんでご利用ください。

「音声合成」オプションの、「声」のサンプルは聞けますか?
[ID:ST120706-04, UPDATE:201508]
以下のURLよりご確認ください。

女性 
https://suite.logosware.com/wp-content/uploads/storm/contents/voice_sample_woman/

男性
https://suite.logosware.com/wp-content/uploads/storm/contents/voice_sample_man/

キャプチャーツールの画質をもっとよくしたい
[ID:ST120720-01, UPDATE:201509]
以下の方法で、改善が見込まれます。

▼対応方法
・STORM Makerに表示されるサイズに近い大きさでキャプチャする
 (または、デスクトップ全体を撮る場合はディスプレイ解像度を下げる)

・キャプチャ前の品質設定で、画像品質を高く設定する(添付画像)
 (ただしファイルサイズが大きくなり読み込み時間が長くなる恐れがあります。
  念のためテストコンテンツを想定サーバーにアップロードしてご確認ください)
  -----
  キャプチャツールを使ったコンテンツ例
  800×600のサイズでキャプチャ、 画像「高品質」でキャプチャ
  -----

▼そのほか
現状、STORMのキャプチャツールは、手軽さ、簡単さを優先しております。もし本格的に高画質で取得したいという場合、一般的なキャプチャツールのご利用をご検討ください。
「動画キャプチャー」の検索結果

OpenOffice、LibreOffice、Keynote など、PowerPoint以外のプレゼンテーションツールで作成したスライドも変換できますか?
[ID:ST120914-04, UPDATE:201508]
STORM Makerで取り込めるスライドは、PowerPoint2007、2010、2013のみです。それ以外のプレゼンテーションツールで作成されたスライドは使用できません。

5-1.トラブルシューティング(環境設定)

【まとめ】エラー画面が出て、インストールを進められません。
[ID:ST111124-47, UPDATE:201701]
【まとめ】インストール時にエラーが発生し、インストールが完了しない

発生するエラーにより原因が異なります。
エラー内容をご確認いただき、該当する項目をご確認ください。

「Windows インストーラ サービスにアクセスできませんでした。」とエラーが表示されインストールができない

「必要なファイルのダウンロード中にエラーが発生しました。」とエラーが表示されインストールができない

「アプリケーションのコンポーネントでバンドルされていない例外が発生しました」とエラーが表示されインストールができない

「コンピュータ保護のため、このプログラムは Windows により終了されました」とエラーが表示されインストールができない

エラーでインストールができない

ライセンス認証ができません(「指定されたファイルが正しくありません。」「キーの入力期限が切れています。キーの再発行が必要です。」「キーの有効期限が切れています。」「キーが不正です。」)
[ID:ST111124-48, UPDATE:201408]
(1)操作方法を間違えている
ライセンス認証画面では空欄に入力するのではなく、ファイル選択ボタンから、「XXXX-X-XXX.key」のようなファイルを指定します。

(2)指定すべきキーファイルが異なる(「指定されたファイルが正しくありません。」)
ライセンスキーファイルは、本体、オプションごとに異なります。
  XXXXX-X-ST1.key :本体キー
  XXXXX-X-PP3.key :PPTアニメーション オプションキー/STORM1.11.0から利用
  XXXXX-X-PP1.key :PPTアニメーション オプションキー/STORM1.6.Xまでで利用(販売終了オプション)
  XXXXX-X-PP2.key :PPTアニメーション オプションキー/STORM1.7.1から利用(販売終了オプション)
  XXXXX-X-VO1.key :音声合成キー
  XXXXX-X-FP1.key :メディア配布プラグインキー(販売終了オプション)

(3)認証期限が切れている(「キーの入力期限が切れています。キーの再発行が必要です。」)
ライセンスキーファイルには認証期限を設けております (製品購入時に添付してあります”商品ライセンス情報”に期限日を明記しています)。期限後に認証を行う際には、弊社より新たなライセンスキーファイルをお送りいたしますので、お手数ですがご連絡ください。

(4)有効期限(ご契約期限)が切れている(「キーの有効期限が切れています。」)
年間定額制などのご利用期限が過ぎている状態です。再契約については、お問い合わせください。

(5)パソコンの時刻が著しくずれている(「キーが不正です。」)
パソコンの時刻をご確認、修正してください。

(6)動作環境を満たしていない
動作環境をご確認ください。

(7)STORM Makerのインストール先がDドライブになっている
DドライブにSTORM Makerをインストールした場合、正しく認証できない事を確認しています。
※エラーは出ず、表示項目が空欄のままになります。お手数ですが、アンインストール後、Cドライブに再インストールを行ってください。
それでも解決しない場合は、ロゴスウェアまでお問い合わせください。

PPTアニメーションの認証(アクティベーション登録)ができません。
[ID:ST111124-49, UPDATE:201509]
PPTアニメーションはオンラインで認証する仕組みになっています。認証に失敗する原因がいくつかございますので、お使いのパソコン環境をお確かめください。

▼原因1:インターネットに接続されていない
インターネットに接続後、再度認証を行ってください。

▼原因2:パワーポイントがインストールされていない。
エラー例「COMコンポーネントのインスタンスを・・・」
パワーポイントをインストール後、再度認証を行ってください。

▼原因3:既に他のパソコンで認証されている
1つのライセンスキーで複数のPCで認証することができません。
既に認証(アクティベーション登録)されているパソコンのアクティベーションを解除し、再度認証を行ってください。

▼原因4:PowerPoint2016がインストールされている。
STORM MakerはPowerPoint2016に対応しておりません。

▼原因5:セキュリティが厳しいネットワーク環境・パソコン環境で利用している
サーバーと通信できない場合は、オンライン認証に失敗します。
この場合、オフライン用のライセンスキーで認証をおこなう必要がありますので
「requestCode.rqc」を弊社までお送りください。

参考)操作マニュアル:A-2.オフライン登録

▼原因6:パワーポイントを起動した状態でPPT アニメーションのライセンス認証を行っている
起動中のパワーポイントを閉じ、再度認証を行ってください。

▼原因7:パワーポイントのプログラムの一部が破損している可能性がある。
修復後、再度認証を行ってください。
※コントロールパネル>プログラムと機能>Microsoft Standard**** を右クリック>変更>修復

▼原因8:パワーポイント変換後に PPTアニメーションのライセンス認証を行っている
STORM Makerを再起動し、再度認証を行ってください。

スキンを追加したのですが、追加したはずのスキンが表示されません。
[ID:ST120119-01, UPDATE:201408]
お使いのWindowsユーザーに、「管理者権限」がないものと思われます。
スキンデータを配置しようとする場所が、OSにとって重要な箇所のため、権限がないと追加できません。
お手数ですが、管理者権限のあるユーザーにて、お試しください。

※ Windows7、8の場合、権限を追加するだけでなく、
  STORM Maker を管理者として実行する必要があります。
   C:¥Program Files¥Logosware¥STORM-Maker 内の「StormMaker.exe」を直接起動し
  (添付画像参照)、右クリック>管理者として実行 を選択。
  音声合成がインストールされた後は、ショートカットより起動しても問題ありません。

起動時「管理者として実行する必要があります。実行しますか」と出て、「はい」を選んでも同じ画面が出続けます。
[ID:ST120227-01, UPDATE:201408]
STORM Maker は、インストール /ライセンス認証/スキン追加/書き出し形式追加の際に、Windowsの管理者権限が必要となります。

標準ユーザー権限でログインしている場合、このようなメッセージが表示されますので、一時的に管理者権限に付与してご対応ください。
詳しくは、セットアップガイド(付録B:STORM Maker起動時に管理者アカウントを求められた場合)をご確認ください。

STORMを起動するとエラーが出る「内部エラーが発生しました。'System.Int32'から割り当てることはできません。シリアル化用コードの生成エラーです。」
[ID:ST131210-01, UPDATE:201602]
STORM maker 1.10.4以降をご利用中で、Microsoft .NET Frameworkのバージョンが低いとエラーとなります。

■STORM Maker 1.13.0以降をご利用の方
Microsoft .NET Framework4.5以上を導入してください。

■STORM Maker 1.10.4~1.12.2を御利用の方
Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1を導入してください。

ヘルプ、スコア、オンラインストレージのメニューの閲覧時に警告メッセージが表示され該当メニューの内容が確認できない
[ID:ST151203-01, UPDATE:201512]
2015年11月のWindows Update後、Internet Explorerで表示されるようになったものとなります。
※標準ブラウザがChrome、Firefox、Safariなどの場合、警告は表示されません。

以下の対応策により、正常にヘルプ・スコア・オンラインストレージを利用できるようになります。

≪対応策≫
①この警告メッセージの「今後、このプログラムに関する警告を表示しない」にチェックを入れる。
②「許可する」をクリックする

参考サイト:http://www.dell.com/support/article/jp/ja/jpbsd1/SLN300160

エラーでインストールができない
[ID:ST170125-01, UPDATE:201701]
■現象
エラーメッセージ不明

■原因:
動作環境を満たしていない可能性があります。

例)
・Macの仮想環境にSTORM Makerをインストールしている。
・WindowsServerなどのサーバー製品にインストールしている。
・PowerPointがインストールされていない。

■回避策:
コンテンツ制作に必要な動作環境を満たしたPCをご利用ください。
STORM Maker 動作環境

■条件
なし

「Windows インストーラ サービスにアクセスできませんでした。」とエラーが表示されインストールができない。
[ID:ST170125-02, UPDATE:201701]
■現象
以下のエラーメッセージが出て、インストールできない。

[赤い×マークのダイアログ]Windows インストーラ サービスにアクセスできませんでした。
これは、Windows インストーラが正しくインストールされていない場合に発生する場合があります。
サポートの担当に問合わせてください。

■原因と回避策:
ダウンロードしたZIPファイルが解凍されていない可能性があります。
ZIPファイルを正しく解凍してからSTORMのインストールを行ってください。
ダウンロード/解凍の手順例)
https://doclib.logosware.com/content.html#!/305/

「インストールの手順」
 ① ZIPを解凍します。
 ② 解凍後、setup.exeを実行します。

■条件
なし

「必要なファイルのダウンロード中にエラーが発生しました。」とエラーが表示されインストールができない。
[ID:ST170125-03, UPDATE:201701]
■現象
以下のエラーメッセージが出て、インストールできない。

必要なファイルのダウンロード中にエラーが発生しました。(中略)中止してください。
詳細:次のリソースのダウンロード中にエラーが発生しました。
http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=249114&clcid=0x411


■原因と回避策:
STORM Maker1.13.0以降をインストールする場合、ご利用のパソコンに.NET Framework 4.5以上がインストールされていない可能性があります。
.NET Framework 4.5のインストールを行ってください。
.NET Framework 4.5のインストールデータをお渡ししますので、弊社までお問い合わせください。


■条件
この問題は、STORM Maker1.13.0以前で発生します。

「アプリケーションのコンポーネントでバンドルされていない例外が発生しました」とエラーが表示されインストールができない
[ID:ST170125-04, UPDATE:201701]
■現象
1.9.0以前のSTORM Makerは、64bit winodwsでは動作しません。「アプリケーションのコンポーネントでバンドルされていない例外が発生しました・・・」と、.NET Framework のエラーが出て、インストールを環境できません。


■原因と回避策:
1.9.0以前のSTORM Makerを利用している。

回避策1:
 STORM Makerを、1.10.0以上に更新してください。

回避策2:
STORM Makerをバージョンアップできない(しない)場合、別の32bit winodwsPCをご用意の上、ご利用ください。
または、Windows Vistaや、Windows 7の上位プラン搭載されている「XPモード」上では、動作可能と思われます。
ただし当社では、XPモード自体の使い方や、XPモードでの動作検証・思わぬ動きをしたときのサポートについては、サポート対象外としておりますのでご了承ください。

■条件
1.9.0以前のSTORM Makerで発生します。

「コンピュータ保護のため、このプログラムは Windows により終了されました」とエラーが表示されインストールができない
[ID:ST170125-05, UPDATE:201701]
■現象
「コンピュータ保護のため、このプログラムは Windows により終了されました / 名前 Windows installer / 発行元 Microsoft Corporation」と表示される


■原因と回避策:
ご利用のWindowsの設定で発生することがあります。Windows installer を再インストールすることで解決することがあるようです。以下ご参照ください。
コンピュータ保護のためインストール出来ない

■条件
なし

5-2.トラブルシューティング(再生・閲覧)

プレビューボタンを押しても、黒いままで、コンテンツが表示されません。
[ID:ST120604-02, UPDATE:201304]
▼原因1
グローバルセキュリティの設定はお済みでしょうか?コンテンツのプレビューを表示するためには、グローバルセキュリティの設定が必要です。

操作マニュアル(目次:C1.グローバルセキュリティ)の設定をご参照ください。

▼原因2
STORM Maker 1.10.6以前、且つ、PowerPoint2013がインストールされているPC環境で利用している場合、プレビューできません。
PowerPoint2013環境で動作するSTORM Makerをリリースしておりますので別途お問い合わせください。

▼原因3
Windowsログオンユーザー名が全角の場合、PowerPointの変換に失敗してプレビューできません(エラーなく処理が終わっても、変換に失敗しています)。
以下の手順を実行してください(5分程度)。Windowsで全角ユーザー名を半角ユーザー名に変更しても解決しません。必ず、以下の手順を実行してください。
https://doclib.logosware.com/content.html#!/141/

Windowsのユーザー名を確認するには、以下の「Windowsユーザー名を確認する」を参照してください。
https://doclib.logosware.com/content.html#!/305/

▼原因4
STORM Maker1.10.2までをご利用の場合、標準ブラウザとして、Internet Explorer以外をお使いの場合プレビューできません(Google Chrome、FireFoxなど)。お手数ですが、標準ブラウザをInternet Explorerとして、プレビューをお試しください。

▼原因5
Internet Explorer7、8で「Flash Player 11.8.800(2013年9月リリース)」を利用した際に問題が起きることが報告されています。これは、ロゴスウェア製品だけでなくさまざまなアプリケーションで起きている問題です。お手数ですが、以下のご対応をお願いいたします。
方法)
Adobe社よりリリースされた「11,8,800,174」にて、問題の現象が回避されています。
1.Internet ExplorerでAdobeサイトにアクセス(Internet Explorerでアクセスしてください)
  http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
2.指示に従って、11.8.800.174 以降をインストール
3.念のため一度、すべてのInternet Explorerを閉じる
4.Internet Explorerを起動し、以下のサイトにアクセス。
  本当に「11.8.800.174」が適用されたかチェックする。
  http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/
  -----------
  You have version
  11,8,800,174 installed
  -----------
  のように出ていればOKです
5.STORMを起動して、ビューが動作するか確認する

▼原因6
動画メインのレイアウト(Layout06)に設定されていませんか?レイアウト(Layout06)に設定され、且つ、動画が登録されていないと、スライド表示部分(メインエリア)が黒い状態になります。
コンテンツ編集>デザイン変更>レイアウトタブ をご確認ください。

プレビューボタンを押したら、「FlashPlayerは潜在的に危険な操作を停止しました」のアラート画面が表示され、コンテンツが表示されません。
[ID:ST151124-01, UPDATE:201602]
グローバルセキュリティ設定がされていない場合、このアラート画面が表示されます。
※この画面は、Flash Playerのデバッグ版プレーヤーの場合に限り表示されるものです。

グローバルセキュリティ設定を行うことで、プレビューが可能になります。
設定方法は、操作マニュアルをご確認ください。

STORM Maker操作マニュアル(目次:C1.グローバルセキュリティ設定)
https://doclib.logosware.com/-site_media/media/content/files/book/233/3/book.pdf

パソコンに保存されているコンテンツのindex.htmlを起動しても、画面が黒いまま再生されません
[ID:ST111124-52, UPDATE:201105]
▼原因1 グローバルセキュリティの設定をしていない
グローバルセキュリティ設定をしていないと、画面が真っ黒になります。
ローカル環境でコンテンツを再生するためには、グローバルセキュリティの設定をしてください。グローバルセキュリティの設定については、ホワイトペーパーをご参照ください。

▼原因2 LMS教材用で書き出したコンテンツを見ている。
LMS教材用で書き出したコンテンツは、LMSにアップロードしないと動作しません(サーバーと通信を試みており、ローカルでは通信が発生しないため待ち状態になります)。内容を確認したい場合は、Web公開用で内容をご確認の上、LMSにUPしてご確認ください。

▼原因3 Internet Explorer以外のブラウザを利用している(画面が読み込み中から進みません)
「Google Chrome」や「FireFox」では、ローカルにあるファイルを閲覧できないことがあります(下記のグローバルセキュリティの設定をしても閲覧できません)。Internet Explorerでお試しください。

▼原因4 パスにマルチバイト文字が含まれている。
コンテンツまでのパスに、日本語が含まれると再生できない可能性があります。コンテンツのフォルダを半角英数字に変更し、さらに、Cドライブ直下などの日本語が含まれないパスにコンテンツを移動してお試しください。

▼原因5 コンテンツがファイルサーバーにある
コンテンツがWebサーバーでなく、ファイルサーバーにある場合閲覧することができません。自PCにコンテンツデータ一式をコピーし、グローバルセキュリティを設定したうえ、Internet Explorerでご参照ください。



 

コンテンツ編集画面が開きません。
[ID:ST140317-01]
STORM Maker 1.10.6以前、且つ、PowerPoint2013がインストールされているPC環境でご利用の場合編集画面が開きません。
バージョンをお確かめの上、別途お問い合わせください。

コンテンツが再生されません(枠だけ表示/真っ黒/スライド出るが進まない/FlashPlayerが入っていない)
[ID:ST111124-53, UPDATE:201603]
STORM Makerに取り込んだ動画(MP4,AVI,WMV,FLV)や、音声(MP3)、設定ファイル(CSV)が読み込めない状態と思われます。以下ご参照ください。

(1)受講者環境について

▼推奨動作環境から著しく外れた環境である
推奨動作環境をご確認ください。
https://suite.logosware.com/storm-maker/requirements/

▼Flash Playerが入っていない、またはFlash Playerが使えない状態(壊れている)である
Flashコンテンツを閲覧できる設定かご確認ください。
以下のサイトで、赤い玉が転がるムービーが表示される状態が正しいです。
https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/235703.html

Internet Explorerの場合、ブラウザの設定が正しくない可能性もあります。
以下サイトを参照して、ブラウザの設定をご確認ください。
https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/235962.html

▼動画ファイルのダウンロードが禁止されている
社内ネットワーク規定などで、動画ファイルのダウンロードが禁止されている場合があります。ネットワーク管理者にご確認ください。

▼プロキシサーバーで制限されている
プロキシサーバーでFLASHの表示等、RTMPの利用を許可していない(ストリーミングサーバーをご利用の場合)可能性があります。ネットワーク管理者にご確認ください。



(2)コンテンツの作り方について
▼(ver1.10.6以下のみ)動画(MP4,AVI,WMV,FLV)、音声(MP3)、CSVのファイル名が全角である
日本語や全角英数字のファイルが利用されていると、Webサーバーやストリーミングサーバーにアップロードすると再生できません。
エラー例) 動画部分に「Loading ...0%」と表示されて進まない
以下のいずれかの方法で対応をお願いします。

1.STORM Maker1.11.0以降へバージョンアップし、再度保存し直します。
2.半角英数字のファイル名(例:動画.mp4 ⇒ video.mp4)にして、再度コンテンツ編集画面で取り込み、再配置をしてください。

▼ver1.7.1 までで作成している
STORM Maker1.7.1 までで作成したコンテンツをInternet Explorer10で閲覧すると、コンテンツが表示されません。以下のいずれかの方法で閲覧できます。
1.制作者がSTORM1.8.0以降で書き出して再アップロードする。
2.閲覧者側で他のブラウザを使用する。
3.閲覧者側で「互換表示」をONにする。


▼FLV編集ソフト「RichFLV」を使用した動画(FLVファイル)を使用している。
RichFLVで編集した動画・音声は正しく再生されないことを確認しています。STORM Maker ver1.13.0以降、従来からサポートしているFLV形式の動画に加え、新たにMP4, AVI, WMV形式の動画ファイルも取り込めるようになりました。お手数でも、FLV以外のファイル形式をご利用ください。

▼動画ファイルや音声ファイルが壊れている
▼動画ファイル(FLV)の品質が高すぎて、Flash Player の描画が間にあわない。
▼音声ファイルの品質が高すぎて、読み込みに時間がかかりなかなか再生が始まらない。
▼動画ファイル(FLV)のキーフレーム間隔が大きすぎて、 一気に終わりまでシークしてしまってる。


(3)サーバー設定について
▼作成したコンテンツをIISに設置している
STORM Makerで作成したコンテンツ(FLV動画を利用したコンテンツ)をIIS(Version 6.0)に設置した場合、IIS(Version 6.0)は既定の設定で、未知の拡張子へのアクセスに対してエラーページを返します。これにより、IIS既定の設定でコンテンツを閲覧しようとすると、以下の現象がおこります。
・ビデオが黒い画面のまま表示されない
・音声が再生されない。
これを回避するには、IISでMIMEの種類を追加する必要があります。以下の設定を追加してください。
(MIMEの種類)
・拡張子:flv
・MIMEの種類:video/x-flv
(参考URL)
http://support.microsoft.com/kb/248033/ja
http://support.microsoft.com/kb/326965/ja

▼サーバー側でダウンロード制限をかけている
Webサーバーによっては、容量等でダウンロード制限をかけている可能性があります。サーバー管理者にご確認ください。

ビデオを使用したコンテンツを作りました。再生すると、最初の出だしで音声がぶれてしまいます。
[ID:ST111124-54, UPDATE:201509]
ビデオが短かすぎるのが原因と考えられます。

STORM Makerでは、ビデオを5秒程度読み込んでから、コンテンツの再生と残りの読み込みを開始しています。お使いになっているビデオが短い場合、読み込みも早いですから、待ち時間より早く再生が始まってしまう可能性があります。

その場合、フライングで再生した後に既定の時間待った再生が始まるため、結果として、動画が少し戻る可能性があります。

▼回避策
ビデオを長く(10秒など)して、お試しください。長くしてしまうと、無駄な時間ができてしまいますが、添付画像のように後ろの動画ユニットをかぶせると、後ろの動画が優先されるので無駄な分は再生されません。 

メニュー(index)やテロップの表示がおかしいです。
[ID:ST111124-55, UPDATE:201408]
▼原因1 csvのファイル名が全角
STORM Maker 1.10.6以下で作成したコンテンツの場合、メニューやテロップのCSVファイル名に半角英数字以外の文字が用いられていると再生に失敗します。以下のいずれかの方法で対応をお願いします。

1.STORM Maker1.11.0以降へバージョンアップし、再度保存し直します。
2.半角英数字のファイル名(例:メニュー.csv ⇒ menu.csv)にして、再度コンテンツ編集画面で取り込み、再配置をしてください。

▼原因2 スキンが「デジタルサイネージ」になっている
デザイン「デジタルサイネージスキン」-レイアウト「skin01~04」 の組み合わせの場合、画面が正しく表示されません。「デジタルサイネージ」は、宣伝などで用いられることを想定しているため、他のスキンに比べてテロップフォントが大きくなっております。専用の「デジタルサイネージ」レイアウトをご利用ください。

フリー画像エリアに画像を設定したのに、サーバーにアップしたら表示されません。
[ID:ST111124-56, UPDATE:201509]
▼原因1
ブラウザの拡張機能(アドオン)により画像が表示されなくなる事がございます。
お手数でも、拡張機能をオフにして再度お確かめください。

▼原因2
STORM Maker 1.10.6以下で作成したコンテンツの場合、使用している画像データのファイル名が全角文字の場合、正常に表示されないことがあります。
以下のいずれかの方法で対応をお願いします。

1.STORM Maker1.11.0以降へバージョンアップし、再度保存し直します。
2.半角英数字のファイル名(例: 画像.jpg → image.jpg)にして、再度コンテンツ編集画面で取り込み、再配置をしてください。

ブラウザ「Google Chrome」で閲覧できません
[ID:ST111124-57, UPDATE:201111]
▼ローカルPCに保存されているコンテンツの場合
Google Chromeでは、ローカルPCに保存されているコンテンツを表示できないことがあります。Webサーバーにアップロードして確認する、別のブラウザで確認してください。

▼Webサーバのコンテンツの場合
STORM Maker Ver1.3.0以降で作成したコンテツは閲覧することができます。Ver1.2.2以前で作成したコンテンツの場合は閲覧できませんので、以下の作業を行い再度Webサーバーにアップロードしてください。

1)STORM Makerを最新の状態にする
2)該当コンテンツを選択(1.2.2以前に作成したコンテンツ)
3)「編集」をクリックし、編集画面を開く
4)「保存」>「終了」>「書き出し」を行う

スライドとビデオがずれてしまいます。
[ID:ST120227-02, UPDATE:201602]
動画ファイルの設定値がSTORM Maker側で推奨する設定値ではないときに現象が発生する場合があります。

▼動画ファイルがFLVの場合
FLVファイルの作り方に問題がある可能性があります。
「キーフレーム」の値が大きくなっていないでしょうか?「キーフレーム」の値が大きいと、STORMコンテンツのシークバーで移動した時、動画と他の素材でズレが生じることがあります。(添付画像参照)

FLVのキーフレームの値については、FLVを作ったツールや、FLVの設定値を表示できるツールでご確認ください。
キーフレームの値が大きい場合、以下の手順で修正してください。
  1.FLV作り直し
  2.STORM Makerで動画差し替え
  3.コンテンツ差し替え

ご参考)
ロゴスウェアでは以下のキーフレーム値を推奨しています。設定値は実際の使用感に合わせてご調整ください。
動画をFLV形式へ変換する際のソフト/設定値

なお、STORM Maker ver1.13.0以降より、従来からサポートしているFLV形式の動画に加え、新たにMP4, AVI, WMV形式の動画ファイルも取り込めるようにしました。
ご利用される動画ファイルの見直しもお勧めします。

音声(mp3)入りコンテンツをスライダーバーなどで早送りすると、音声モジュールの途中にも関わらず、音声の再生が終わってしまい無音となります(通しで確認すると問題ない)。
[ID:ST120827-01, UPDATE:201208]
mp3ファイルのサンプリングレート、およびビットレートがFlash Playerで対応してない値と思われます。以下の値にて、再度mp3を書き出しなおす、または変換してください。

・ サンプリングレート 44,100/22,050/11,025のいずれか
・ ビットレート 128/112/80/64/56/48

その後、STORM Maker上で、古いmp3ユニットを削除し、新しいmp3を取り込み、再配置してください。

スマートフォンで動画を閲覧する際に音声が流れるのですが画像が表示されません。
[ID:ST111124-59, UPDATE:201111]
▼対応方法1
iPhone OSの再起動、もしくは、ブラウザのキャッシュをクリアしてください。

▼対応方法2
動画書き出し時の画面サイズがiPhoneで表示し切れないサイズに設定されている可能性が御座います。
iPhoneで表示できるサイズについては、操作マニュアル 「B7.動画書き出しをしよう」をご参照ください。

PCでは閲覧できるのに、スマートフォンで閲覧した際、「このコンテンツを再生するにはFlash Player9.0.115以上が必要です・・・・」とメッセージが出て見れません。
[ID:ST120227-03, UPDATE:201202]
スマートフォンやタブレットで閲覧する為のコンテンツが作成されていないと思われます。

▼原因1 バリュー版を契約している
バリューでは、スマートフォン用コンテンツを書き出すことはできません。レギュラー以上のご契約をご検討ください。

原因2 スマートフォン用コンテンツを書き出す設定になっていない

STORM Maker起動>コンテンツ一覧で該当コンテンツを右クリック>PC + スマートフォン/タブレット(Flash + HTML5)にチェックをして、コンテンツを書き出します。

※書き出したコンテンツフォルダ直下に、「m」というフォルダが含まれていれば、スマートフォン用コンテンツが作成されています。

「onError:4」というエラーが出てコンテンツが再生できません。(先に進んでも、再生されません)。
[ID:ST120116-01, UPDATE:201312]
このエラーは、コンテンツの再生時に音声(MP3)、動画(MP4)のダウンロードに失敗するときに出力されるエラーです。


原因1:ご利用のPCで音声を再生することができない。
パソコンのスピーカーが有効になっているか、または、ヘッドフォンが接続されているか確認してください。

原因2:ネットワーク回線起因で、MP3、MP4がダウンロードできなかった
ご利用の端末が接続しているネットワーク回線(Wi-Fi)が不安定な場合、MP3ファイルのダウンロードに失敗し当該エラーが出ることがあります。
安定したネットワーク回線に切り替えをコンテンツの閲覧をお試しください。もし、ネットワーク回線を変えても問題が解決しない場合、ブラウザのキャッシュをクリアしてお試しください。

原因3:コンテンツをアップロードしたWebサーバーでMP3、MP4の再生が許可されていない
STORMコンテンツをアップロードされたWebサーバーでMP4の再生が許可されていない可能性があります。

≪対応策≫
コンテンツをアップロードしたWebサーバー側でMP3とMP4が再生できるように設定の変更をお試しください。
例えば、.htaccessに以下のように記載します。
※この設定をした場合、ブラウザのURL入力欄に音声またはビデオが閲覧できるパスを直接入力した場合、認証画面は表示されず再生されますのでご注意ください。

<Files ~ "\.mp3$" >  ←音声用
Satisfy any
Allow from all
</Files>
<Files ~ "\.mp4$" >  ←ビデオ用
Satisfy any
Allow from all
</Files>


原因4:Basic認証の問題
WebサーバーでBasic 認証の設定をしたコンテンツに「Android 端末」または「iOS8端末」でアクセスした場合、音声(MP3)、動画(MP4)が読み込めずに再生が止まります。
本事象は、STORMコンテンツ以外でも一般的に発生する現象です。

≪対応策≫
MP3、MP4を保護から除外するようにサーバーのBasic認証を設定することが一般的な回避策です。例えば、.htaccessに以下のように記載します。
※この設定をした場合、ブラウザのURL入力欄に音声またはビデオが閲覧できるパスを直接入力した場合、認証画面は表示されず再生されますのでご注意ください。

<Files ~ "\.mp3$" >  ←音声用
Satisfy any
Allow from all
</Files>
<Files ~ "\.mp4$" >  ←ビデオ用
Satisfy any
Allow from all
</Files>

原因5:コンテンツ作成時に、MP3が作成されなかった
問題が起きているコンテンツの「書き出したコンテンツのフォルダ>m>m_sound>data」配下にmp3ファイルが入っていますか?

▼入ってない場合
モバイル用の音が書き出しに失敗している可能性があります。原因としては、PCの処理能力の問題があります。モバイル用音声の書き出しはシステムのリソースを使いますので、他の作業をしない状態で、もう一度書き出しをお試しいただけますでしょうか?

また、書き出しにはコンテンツ再生時間の半分程度の時間がかかりますので、途中でキャンセルしたり、STORM Maker の操作をしたりせずお試しください。

▼入っている場合
コンテンツのアップロードの際に、当該部分のみアップロードに失敗している可能性があります。お手数ですが、再度アップロードをお試しください。

PCでは閲覧できるのに、スマートフォンでは、スライド部分が真っ黒になってしまいます(音は聞こえます)。
[ID:ST111124-60, UPDATE:201111]
▼原因1
コンテンツのスライド表示エリアに、動画だけが配置されているコンテンツではありませんか?
STORM Maker 1.8.0以降の標準的なスマートフォンコンテンツは、静止画ベースで内容を表示するため、動画は表示できません。
スマートフォンで動画コンテンツの閲覧を可能にしたい場合は、こちらの2つのホワイトペーパー(概要設定方法)を参照してください。

▼原因2
スマートフォン用コンテンツのための素材が、一部不足しているおそれがあります。コンテンツ編集画面の素材管理画面を開き、以下の場所にチェックマークがあるかご確認ください。

チェックマークがない場合、以下の手順で、再度コンテンツを作成してください。
1.STORM Maker起動>該当コンテンツを選択>編集画面>素材管理画面>スライドタブ を開く
2.PowerPointを差し替える。
3.コンテンツ一覧の該当コンテンツを右クリック>「コンテンツの設定」をクリックする
4.「PC + スマートフォン/タブレット(Flash + HTML5)」にチェックする
5.コンテンツを書き出す (※警告が出ますが、[はい]をクリックします)
※ 手順2.を行わずに書き出すと、スマートフォンから閲覧した時に正しく表示されません。

PCでは閲覧できるのに、スマートフォンでは、「初期化中」から先に進みません。
[ID:ST120213-01, UPDATE:201304]
▼原因1
WebサーバーでBasic 認証の設定をしたコンテンツにAndroid 端末でアクセスした場合、音声(MP3)、動画(MP4)が読み込めずに再生が止まります。これは、STORMコンテンツ以外でもAndroid端末で一般的に発生している現象です(iPhone、iPadでは起きません)。2013年4月現在、MP3、MP4を保護から除外するようにサーバーのBasic認証を設定することが一般的な回避策です(参考情報)。例えば、.htaccessに以下のように記載します。

※ この対応では、音声またはビデオのURLを直接入力された場合、認証画面は表示されず再生されます。

<Files ~ "\.mp3$" >  ←音声用
Satisfy any
Allow from all
</Files>
<Files ~ "\.mp4$" >  ←ビデオ用
Satisfy any
Allow from all
</Files>

▼原因2
STORM Maker 1.8.1以前をお使いの場合、スライドユニットの開始時間が0秒でないと、スマートフォンで見たときに「初期化中」から先に進みません。以下のどちらかをお試しください。

(1) STORM Maker 1.9.0以降にバージョンアップしてください。
   1.9.0以降でコンテンツを開き、一度保存して、再度書き出します。

(2) (1)が不可能な場合、スライドユニットの開始を、0秒からにしてください。

コンテンツをiframeで囲んで表示しています。コンテンツが思った通りに表示されません(または、正しく動作しません)。
[ID:ST120130-01, UPDATE:201201]
コンテンツをiframeタグで囲んで表示すると、ページの構成によって想定外の動作をすることがあります(正しく表示されない、正しく操作できない)。

iframeタグで囲んで表示する際には、「index.html」ではなく、「embed.html」をリンクしてください。

※ 「embed.html」はSTORM Maker 1.9.0からの機能です。コンテンツを書き出す際自動的に作成されます。
※ 「embed.html」をリンクすると、スマートフォンから閲覧した場合画像が表示されます。
  画像をクリックすると、新規ウィンドウでコンテンツを起動します。
 

メニューをクリックして再生した場合、自動的に再生されるときと、されないときがあります。どこで設定できますか?
[ID:ST120604-05, UPDATE:201508]
コンテンツの閲覧状況により、再生の仕方が異なってきます。
申し訳ありませんが、再生方法を一方に統一することは行えませんのでご了承ください。

 1.再生時に該当のメニューをクリック   → 再生しながら開く
 2.一時停止時に該当のメニューをクリック → 一時停止状態で開く

ストリーミングサーバーを使ってビデオを配信予定です。設定しても、動画エリアからビデオが表示されません。
[ID:ST120604-07, UPDATE:20150914]
▼原因1: 設定ファイルの記述や、ビデオファイルの置き場所がちがう
基本的な設定は操作マニュアルに記載しておりますが、操作マニュアルは一般的な例を元に記載しています。実際のビデオファイル格納場所等は、サーバー環境によって異なることがありますので、ストリーミングサーバー管理者にお問い合わせください。

▼原因2:ビデオのファイル名を変更して、サーバーにアップロードしている
STORMコンテンツから取り出したままの名前で、サーバーにアップロードしてください。もし変更してしまった場合は、サーバー上の名前を元に戻してご確認ください。

▼原因3:ホスティングサーバーで、専用プレーヤー以外を制限している
ストリーミングサービス事業者によっては、業者の専用プレーヤーしか使用できないよう制限していることがあります。ユーザー側で自由にプレイヤーを選べるかどうか、念のためご確認ください(この場合、STORM がプレイヤーにあたります)

「セキュリティで保護された Web ページ コンテンツのみを表示しますか?」のようなメッセージが表示されます。
[ID:ST120706-01, UPDATE:201207]
「https://・・・・」で始まる通信の場合、以下の警告文が表示されることがあります。

  ・ セキュリティで保護された Web ページ コンテンツのみを表示しますか?
  ・ セキュリティで保護されている項目と保護されていない項目が含まれています。
   保護されていない項目を表示しますか?

STORM 1.9.0以降でコンテンツを書き出し、Webサーバーに再度アップロードしてください。

メニューを切り替わるときに「カチ」と、マウスクリックのような音がします。
[ID:ST120706-06, UPDATE:201208]
メニュー遷移の際のクリック音は、コンテンツ自体に組み込まれたものではありません。閲覧しているブラウザ(特にInternet Explorer)の設定によって音がします。閲覧するパソコンで、以下をお試しください。

▼Windows 7、8
スタート>コントロールパネル>ハードウェアとサウンド
  >システムが出す音の変更>サウンドタブ
  >プログラム イベント>エクスプローラ「ナビゲーション開始」選択
  >「サウンド」コンボボックスの項目を(なし)にする

キューポイントがないところで、画面が勝手に切り替わってしまいます。
[ID:ST120709-05, UPDATE:201403]
PowerPointを作成するときに、画面切り替えのタイミングで「自動的に切り替え」にチェックがはいっていると、想定しないタイミングでスライドが切り替わることがあります。すべてのスライドの、「自動的に切り替え」のチェックを外してください。すべてのスライドを選択後チェックをはずすと、まとめて設定できて便利です(念のため、本当にチェックが外れているかご確認ください)。

PowerPointの画面切り替え効果が有効になりません。
[ID:ST121203-01, UPDATE:201212]
▼回答1
お使いのPowerPointのバージョンによっては、画面切り替え効果を利用できないことがあります。

▼回答2
「タイムラインのスライドキューポイントが連番になっており、メニューを順に再生する場合」に、アニメーション効果が有効になります。
編集時に、タイムラインにおいてキューポイントの番号が飛び飛びに指定されている場合や、再生時にメニューをとばしてクリックされた場合は、画面切り替え効果は有効になりません。

コンテンツをサーバーにアップロードしました。再生されたり、されなかったりします
[ID:ST121203-02, UPDATE:201602]
閲覧対象のコンテンツと、ご利用中の回線に問題がある可能性があります。

■コンテンツ側に問題がある場合
コンテンツで使用しているマルチメディア(動画・音声)ファイルの容量が大きすぎる可能性があります。

・動画ファイルは、一定量のバッファをダウンロードしたら再生する方式となっています。
・音声ファイルは、mp3データはダウンロードが完了してから再生が始まる方式です。

その為、コンテンツ自体のデータが大きすぎるとロードが完了せず、コンテンツ再生が始まらないことがあります。
動画や音声品質を下げサイズを小さくする、データを分割するなどして、1回のダウンロードサイズを少なくしてください。


■ご利用中の回線に問題がある場合
動画・音声ファイルが含まれたコンテンツを閲覧していると、ご利用端末の月次の通信容量が無くなり通信制限が発生している事があります。
ご利用端末の通信制限の状態をご確認ください。

Windows8で閲覧できません
[ID:ST121227-01, UPDATE:201308]
Windowsのアップデートをしていない場合、メトロモード(Windows8系OS特有のインターフェース)で閲覧できないことがあります。Windowsのアップデートを適用するか、デスクトップ表示に切り替えて閲覧してください。

Flash Player 11.7をご利用のブラウザで動画を閲覧した場合、音声が聞こえない
[ID:ST130520-01, UPDATE:201305]
2013年5月現在「パソコンによってはFlash Player 11.7をご利用のブラウザで動画を閲覧した場合、音声が聞こえない」という問題が報告されています。ロゴスウェア製品ではなくAdobe Flash Player 11.7 に起因するものと考えられ、一般に報告されている現象です。

本現象は、Adobe Flash Player 11,7,700,202 で問題が解消されました(2013年5月末リリース)。最新のFlash Playerにバージョンアップしてご確認ください。

Firefox でSTORMコンテンツを開くと、画面が真っ黒で再生開始しない(Internet Explorerや、Google Chromeでは見れる)
[ID:ST130711-03, UPDATE:201307]
URL欄の左上に、赤いブロックマークが出ている場合、FireFoxによってFlash Playerの機能が制限されている可能性があります。以下のいずれかの方法をお試しください。

・ ブロックマークをクリックし、最新版のFlash Playerに更新する
・ ブロックマークをクリックし、現バージョンのまま「有効化」する
・ 他のブラウザを利用する

PowerPointに設定されたリンクが動作しません
[ID:ST151029-01, UPDATE:201602]
▼原因1
コンテンツ作成時のPowerPoint変換において、「アニメーション無し」を選択して変換した場合、PowerPointに設定したリンクは無効となります。
有効にしたい場は、「アニメーション有り」で変換を行ってください。

※STORM Maker1.13.0以下の場合、項目名が異なります。以下に置き換えて再変換してください。
「Flash(SWF)形式」⇒「アニメーション有り」 
「画像(JPEG)形式」⇒「アニメーション無し」

▼原因2
HTML5版コンテンツの場合、PowerPointに設定したリンクは無効となります。

▼原因3
指定するURLによっては、PowerPointで正しく取り扱われず、URLを表示できないことがあります。
ロゴスウェアでは、PowerPoint2007において、「http://・・・・・/・・・/index.html#abcde」のようなURLの「#」以降が途切れてしまう現象を確認しました。
これはPowerPoint自体の動作で、STORM Makerでは制御できないため、短縮アドレス生成ツールなどを用い、PowerPointで扱えるURLに変更してください。

パソコンで閲覧したらFlash Playerのインストールを求められる。
(このコンテンツを閲覧するには、FlashPlayer9.0.20以上がインストールされている必要があります。またJavascriptを有効にする必要があります。)
[ID:ST151208-01, UPDATE:201512]
1)閲覧しているブラウザにFlashPlyerがインストールされていない。
以下サイトでFlashPlayerがインストールされているかご確認ください。

▼Flash Player の状況確認
https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/235703.html

▼Adobe Flash Player ダウンロード
https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

2)ブラウザの設定でFlash Player が無効になっている。

▼Internet Explorer で Flash Player を有効にする方法
https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/cq09041836.html

▼Firefox で Flash Player を有効にする方法
https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/cq09051618.html

▼Chrome で Flash Player を有効にする方法
https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/cq09042354.html

▼Microsoft Edge でFlash Player を有効にする方法
http://bit.ly/1N0d7cw

3)JavaScript が無効になっている

▼Web ブラウザーで JavaScript を有効にする方法
https://support.microsoft.com/ja-jp/gp/howtoscript/ja

Internet Explorer11にてコンテンツを閲覧しようとしたら、画面が真っ白(または、真っ黒)になり、コンテンツの閲覧ができない。
[ID:ST151209-01, UPDATE:201512]
ご利用のブラウザがInternet Explorer11で、Flashプレイヤーのバージョンが古いと、画面が真っ白(または、真っ黒)となり、コンテンツが閲覧できない場合があります。

・FLIPPER U、THiNQ コンテンツの場合 → 真っ白になります。※画像①参照
・STORM コンテンツの場合 → 真っ黒になります。※画像②参照

【回避策】
Internet Explorerの互換性表示にコンテンツがアップロードされているWebサイトのドメインを追加してください。
互換性表示は、Internet Explorerの左上部の設定ボタン(歯車のアイコン)より設定可能です。※画像③参照

LMS上のSTORMコンテンツを閲覧しようとすると、画面が真っ黒になりコンテンツが閲覧できない
[ID:ST160601-01, UPDATE:201606]
一部のLMS上にアップロードされているSTORMコンテンツ(1.15.0以前で作成)をInternetExplorer11で閲覧しようとした際にコンテンツ画面が真っ黒になる場合があります。

参考サイト:【重要】STORMのコンテンツ編集画面(通常作成モード)が動作しない[5月10日リリースのWindowsUpadate]

【回避策】
1) STORM Makerを1.15.1以降にバージョンアップします。
2) バージョンアップ後、閲覧が行えなくなっている該当コンテンツを再書き出しします。
3) LMS上のSTORMコンテンツを差し替えます。
 ※コンテンツの差し替え方法は、ご利用のLMSの操作にしたがってください。

HTML5のコンテンツの閲覧時に自動的に次のメニューに移動しません。
(次のメニューを閲覧する時には、メニューか再生ボタンをクリックするする必要があります。)
[ID:ST160620-01, UPDATE:201606]
コンテンツの書き出し時に「音声・動画ファイルをメニュー毎に分割する」をチェックしていると、HTML5版のコンテンツでは自動的に次のページに移動しません。

【回避策】
コンテンツ書き出し時の設定で「音声・動画ファイルをメニュー毎に分割する」のチェックを外してください。

スコアに対応したコンテンツを閲覧すると、ユーザ入力画面から先に進みません。
[ID:ST160915-01, UPDATE:201609]
iPhone、iPad且つ、プライベートブラウザ(Safari:プライベートブラウザ、Chrome:シークレットタブ)でスコア対応のコンテンツを閲覧しようとすると、発生する現象となります。

【回避策】
プライベートブラウザ(Safari:プライベートブラウザ、Chrome:シークレットタブ)ではなく通常のブラウザの状態でコンテンツの閲覧を行ってください。

5-3.トラブルシューティング(編集)

STORM Makerインストール後、編集作業をしようとしたらエラーが出てしまいました
[ID:ST111124-63, UPDATE:201511]
▼原因1:動作環境を満たしていない
動作環境をご確認の上、再度編集作業を行ってください。

エラー例)
・ PowerPointのバージョンが古い(PowerPoint 2000)
 問題が発生したため「storm SDK」を終了します 「pptファイル名」の変換に失敗しました

・ Flash Playerがインストールされていない
 クラスが登録されていません(HRESULTからの例外・・・

▼原因2:PowerPointが破損している
PowerPointの破損が原因で、様々な問題が起こる可能性があります。PowerPointの修復をお試しください。

・ PPT2003(Office アプリケーションを自動修復する)
  http://office.microsoft.com/ja-jp/powerpoint-help/HP005237200.aspx
・ PPT2007(Office 2007 を修復する方法)
  http://support.microsoft.com/kb/931786/ja
・ PPT2010(Office 2010 を修復する方法)
 https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2179287
・ PPT2013(Office 2013 を修復する方法)
http://office.microsoft.com/ja-jp/powerpoint-help/HA010357402.aspx

▼原因3:暗号化を利用している
暗号化を利用(ファイル名が緑色のフォルダがある)されている場合、暗号化されたフォルダを Windows が読み取れない事を確認しております。この場合は以下の設定を行ってください。
【設定方法】
1) setup.msi ファイルを右クリック→[全般]→[詳細設定]→[内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する]のチェックを外す
2) [セキュリティ]→[詳細設定]→[Everyone のアクセス許可] →[許可]→[読み取り]をチェックする

csvファイルを読み込んだら、文字化けしました
[ID:ST111124-68, UPDATE:201111]
csvファイルの文字コードが「Shift-JIS」でない場合、文字化けが起こります。
お手数ですがcsvファイルの文字コードを「Shift-JIS」に修正し、再度読み込みを行ってください。

「ビュー」画面が表示されず、 ロード表示の時計が回り続けている状態です。
[ID:ST111124-69, UPDATE:201408]
原因1:Flash Playerのローカル記憶領域の設定が「なし」または、少ない容量になっている。
FlashPlayerローカルストレージの保存容量を増やす方法

原因2: ActiveXが有効になっていない。
ActiveXの設定

原因3: Power Pointの変換に失敗している
エラーなくPowerPointの変換が終わったように見えても、変換に失敗していることがあります。その場合、ビュー画面への読み込みができず、読み込み待ちになることがあります。PowerPointの変換に失敗する原因については、以下を参照してください。
https://doclib.logosware.com/content.html#!/137/
一例)
・ PowerPoint2007、2010、2013がインストールされていない
・ Windowsのユーザー名が大文字である(対応方法
・ PowerPointが壊れている/複雑な図表を使っている
・ PowerPoint2003で変換できない図を使っている(wmv形式、emf形式)

原因4: コンピューター再起動
まれに、原因不明でSTORM Maker 編集画面が不安定になることがあります。コンピューターを再起動してお試しください。

原因5: PowerPointの枚数が多すぎる/コンテンツ再生時間が長すぎる
PowerPointの作りやお使いのパソコンのスペックによっては、PowerPointの枚数が多くコンテンツの再生時間が長いことが原因となることがあります(弊社環境では、PowerPoint50枚程度であれば一般的なスペックのマシンでは安定して編集できることを確認しております)。コンテンツの構成を再検討していただき、「1章」「2章」・・・のようにPowerPointおよび、コンテンツを分割してください。

原因6:Internet Explorer7、8で、Flash Player 11.8.800.168を利用している
Internet Explorer7、8で「Flash Player 11.8.800.168(2013年9月リリース)」を利用した際に問題が起きることが報告されています。これは、ロゴスウェア製品だけでなくさまざまなアプリケーションで起きている問題です。最新のFlash Playerにバージョンアップしてください。お手数ですが、以下のご対応をお願いいたします。
参考)Flash Playerバージョン確認サイト  http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/

「ビュー」画面で「コンテンツの編集にはFlash Player 9.0.115 以上が必要です。」と出て編集できない
[ID:ST130711-01, UPDATE:201307]
Internet Explorerのセキュリティ設定で、「スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロールのスクリプトの実行」が「無効」になっている場合に発生します。

Internet Explorer>インターネットオプション>セキュリティ>「インターネット」ゾーンのレベルのカスタマイズより
「スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロールのスクリプトの実行」が「無効」になっていた
場合は有効にしてください。

※通常は「インターネット」ゾーン選択>既定のレベルとして「中高」が選択されていれば有効になっています。

タイムラインでの編集が始まりません(半透明の画面のままです)
[ID:ST120608-01, UPDATE:201208]
(1)ローカルストレージ容量の不足
FlashPlayerローカルストレージの保存容量を増やす方法
  ※ 「制限しない」を推奨しております

(2)STORMが変換できないPowerPointを変換している
素材が正しく作られないため、編集画面を開始できない状態になります。以下の資料をご確認ください。
PowerPoint変換に関するトラブルシューティング

タイムライン編集時に、エラーが出てしまいます
[ID:ST111206-09, UPDATE:201307]
▼原因1
まれに編集画面にエラーが出ることがあります。PCを再起動してください。
エラー例)_Error_Maker2ToolBar / _Error_Maker2View

▼原因2
Internet Explorerの設定によって、エラーになることがあります。
以下中段の「B-2. Internet Explorer のセキュリティ設定を確認」の設定をお試しください。
http://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/235962.html
エラー例)_onLcConnectionTimeoutError_Maker2ToolBar / _onLcConnectionTimeoutError_Maker2View

タイムラインの「保存」ボタンを押しても保存できません(処理中のまま終わりません)
[ID:ST120420-01, UPDATE:20141030]
以下の原因が考えられます。お使いのPC環境をご確認ください。

(1)ローカルストレージ容量の不足
「FlashPlayerローカルストレージの保存容量を増やす方法」
https://doclib.logosware.com/content.html#!/145/
  ※ 「制限しない」を推奨しております

(2)メニューのキューポイント数とcsv行数に不整合がある
大変お手数ですが、メニューのキューポイントをすべてクリックし、添付画像のような状態(リストのマーク、かつ、ラベルが空欄)のキューポイントがないかご確認ください。もし存在した場合、削除してください。

なお、このキューポイントは、以下のような手順などで発生します。
  1.csvからメニューを作成し、タイムラインでキューポイントを設定
    (簡単作成モードで自動生成されるメニューもこれに該当します)
  2.素材管理画面からメニューを開き、メニューcsvの行を削除
手順2では、キューポイント自体は削除されません。そのため、内容が空のキューポイントができてしまいます。このキューポイントがデータをcsvから読み取ろうとする際に問題が発生し、保存が完了しません。

(3)PPT枚数/コンテンツの長さの確認
PowerPointファイルが長すぎる場合、編集や保存が不安定になる可能性があります。弊社環境では、PowerPoint50枚程度、再生時間1時間程度であれば一般的なスペックのマシンで安定して編集できることを確認しております。もしそれ以上の長さの場合、短くしてお試しください。
 
(4)コンピューター再起動
まれに、原因不明でSTORM Maker 編集画面が不安定になることがあります。一度コンピューターを再起動してください。  

タイムラインで、複数のキューポイントが重なっていて、選択ができません
[ID:ST111124-67, UPDATE:201111]
タイムラインの左下にあるZOOM機能「+」を利用し、タイムラインの時間間隔を拡大してください。
キューポイント同士の間隔が広がり、選択が可能になります。

タイムライン編集画面が不安定です。再生すると、赤いガイドバーがとびとびに表示されたり、音が飛んだり、ペンツールの表示タイミングがずれたりします。
[ID:ST120105-06, UPDATE:201201]
1時間以上のコンテンツを編集するときには、PCに負荷がかかり、編集画面が不安定になることがあります。なお、書き出したコンテンツには影響はありません。申し訳ありませんが、コンテンツの分割をご検討ください。

タイムラインで、ガイドバーがマウスカーソルから離れなくなってしまいます。
[ID:ST120709-01, UPDATE:201207]
「再生時間」を、タイムラインの横スクロールバーが表示されない時間で設定したときに起こる現象です。尚、この現象が発生する再生時間は、モニタの解像度によって異なります。

タイムライン画面のウィンドウサイズをマウスドラッグにて変更し、横スクロールバーが表示されるサイズにするとガイドバーが離れます。

素材管理画面で動画を上書き保存しましたが、直後に素材管理画面を見ても更新日時が変わりません。上書きに失敗したのでしょうか?
[ID:ST111124-70, UPDATE:201111]
お手数ですが、一度素材管理画面を閉じたあと、素材管理画面を再度開いて確認してください。
更新日時が正しく表示される場合、上書きされています。
正しく表示されない場合、再度上書きをお試しください。

素材管理画面でメニュー、テロップを追加しました(確かに表示されています)。しかし、タイムラインの左側に表示されません。
[ID:ST120227-05, UPDATE:201202]
素材のcsvファイル名に「.(ドット)」などが含まれている場合、正しくタイムラインに表示されないことがあります。ファイル名を、ドット、スペースなしの半角英数字、なるべく短めの文字数にしてお試しください。

素材管理画面からキャプチャツールを起動し動画ファイルを書き出した後、素材管理画面を閉じるときに編集画面が真っ白になります。
[ID:ST120709-06, UPDATE:201207]
マシン負荷が原因で、ビュー画面が正しく動作していません。

真っ白になってしまったコンテンツ編集画面の右上にある「×」ボタンをクリックして一度編集画面を閉じてください。そして、もう一度コンテンツ編集画面を開きなおしてください。
(画面を閉じる前に書き出しておいた動画ファイルは素材として使用できます。)

スライド部分にPPTではなく自作のSWFを使っていますが、思うように動作しません。
[ID:ST120227-06, UPDATE:201305]
自作のSWFをご利用になる場合、以下の条件を満たすように作成してください。特によく問題になるのは、「フレームレート」や、「最終フレームのstop();以外にスクリプトを記述しない」の条件ですので、ご確認ください。

・ FlashPlayer形式
・ サイズ:720×540ピクセル
・ フレームレート:15fps
※ "_root"のタイムラインがアニメーションするように作成してください。
※ 最後のフレームに"stop();"を記述してください。
  (その他のスクリプトは記述しないでください。動作しない可能性があります。)
※ 音声とスライドのアニメーションを完全に同期させる場合は、
  音声はスライドの中に埋め込んで作成してください。

そのほか既知の現象について、以下の資料にまとめておりますのであわせてご参照ください。
https://doclib.logosware.com/content.html#!/306/

ファイル選択後、画面が固まってしまいます(変換対象PowerPointを指定するときや、動画、画像を指定するとき)
[ID:ST120518-01, UPDATE:201205]
以下の条件が重なると、ファイル選択後に画面が固まったように見えます。

・ 前回指定したフォルダが、ネットワークのファイルサーバー上にあった
・ 現在、そのフォルダにアクセスできない状態である(フォルダ削除、ネットワーク不通など)

STORM Makerが、前回使用したフォルダへの参照を試みているために起きる現象です。数分待つと、タイムアウトして操作できるようになりますのでお待ちください。タイムアウト後は、アクセスできるフォルダを指定してください。

簡単作成モードで、スライドキューポイントが「アニメ 1」から始まってしまう(本当は「アニメ 0」)。
[ID:ST120518-02, UPDATE:201301]
STORM Maker1.10.0 まででは、PowerPointのアニメーション指定で、「クリック時」が一つもない場合、簡単作成モードでは「アニメ 1」からキューポイントを作成します。それによりイメージ通りにアニメーションが表示されない場合は、「クリック時」のアニメを作成しキューポイントを調整してください。

※ STORM Maker 1.10.1以降では、0からキューポイントを作成します。

「タイムラインに十分な空きがありません」と表示されます。
[ID:ST120706-05, UPDATE:201207]
このメッセージは、タイムラインに素材を配置する際に、コンテンツの再生時間よりも素材の再生時間がが長い時に表示されます。
コンテンツの再生時間は、以下の操作で延ばすことができます。

 コンテンツ編集画面>「基本設定」ボタン>再生時間 の数字を変更

FLIPPERタイプコンテンツで拡大表示した際に、ドラッグによって表示領域を移動することができない。ドラッグすると、線が描かれてしまう。
[ID:ST120709-02, UPDATE:201207]
拡大表示の際に「ペンツール」が選択されていたため、線を描く状態のまま拡大表示されています。いったん、標準サイズに表示を戻して、ペンツールを解除してください。

キャプチャツールで正しくオーディオの設定を行っていても、キャプチャツールの設定画面に反映されない。(スピーカーのマークがアクティブにならない。ボリューム表示が反応しない。)
[ID:ST120709-07, UPDATE:201207]
キャプチャツールがサウンドデバイスの情報を正しく取得できていない場合に発生します。キャプチャツールに設定内容が反映されていないだけで、キャプチャ中に音は録音されます。音が出ているデバイスを確認するには、Windowsのコントロールパネルのサウンドからご確認いただけます。

キャプチャツールの動画編集画面でプレビュー中、マウス操作で再生箇所をスキップさせると、プレビュー画面が真っ黒になったり、エラーメッセージが表示されたりする。
[ID:ST120709-08, UPDATE:201509]
エラーメッセージが表示されたら、「続行」ボタンを押してください。
黒い画面のまま「書き出し」ボタンを押すと、MP4ファイルを書き出すことができます。
※STORM Maker ver1.12.2以下の場合はFLVファイルが書き出されます。

長時間キャプチャを行うと発生しやすくなります。キャプチャする時間は15分以内をお勧めします。

mp3(音声)をとりこんだところ、Makerが動きません(Runtime Error!、ビュー画面に「!(ビックリマーク)」が表示される)
[ID:ST120719-02, UPDATE:201207]
MP3のサイズが大きすぎる可能性があります。MP3の品質を落とすか、音声をいくつかのパーツに分割してお試しください。

スライド部分を差し替えたら、ビュー画面に表示されなくなってしまった
[ID:ST121105-01, UPDATE:201508]
もともと「アニメーション有り」で変換していたものを、「アニメーション無し」で変換して差し替えていませんか?
「アニメーション有り」で変換すると表示されますので、再変換をお願いします。

このように、変換形式を変えて差し替えた場合、スライド部分に何も表示されなくなってしまうのでご注意ください。

※STORM Maker1.13.0以下の場合、項目名が異なります。以下に置き換えて再変換してください。
「Flash(SWF)形式」⇒「アニメーション有り」 
「画像(JPEG)形式」⇒「アニメーション無し」

スライド部分を差し替えたのに、内容が変わらない
[ID:ST121105-02, UPDATE:201211]
もともと「アニメーション無し」で変換していたものを、「アニメーション有り」で変換して差し替えていませんか?この場合、PowerPointが差し替わりません。

「アニメーション無し」で変換すると差し替わりますので、再変換をお願いします。

※STORM Maker1.13.0以下の場合、項目名が異なります。以下に置き換えて再変換してください。
「Flash(SWF)形式」⇒「アニメーション有り」 
「画像(JPEG)形式」⇒「アニメーション無し」

メニューやノートが途中で切れてしまう
[ID:ST140115-01, UPDATE:201401]
PowerPointの入力時に、タイトルオブジェクト(メニュー項目)や、ノート(STORMのノート内容)に「"(半角のダブルクォート)」が入っていると、それ以降の文字列が消えてしまいます。お手数ですが、「”(全角のダブルクォート)」に一括変換してください。

▼参考(PowerPointの一括変換)
1. Ctrlキー+hキー
2.置換画面で、「"(半角のダブルクォート)」を「”(全角のダブルクォート)」に変換

PowerPoint変換に異常に時間がかかる(通常2~3分の枚数が、30分以上など)
[ID:ST140127-01, UPDATE:201401]
PowerPointで使用されているフォントが、システムにインストールされていない可能性があります。フォントをインストールするか、PowerPointのフォントをインストールされているフォントに変更してください。

動画書き出しを行ったコンテンツで、コンテンツの一部だけが動画(mp4)として書き出される。
[ID:ST151207-01, UPDATE:201512]
動画書き出しで画像①の様に「レイアウト"全体"」を選択し、書き出された動画(mp4)で、②の様にコンテンツの一部しか表示されない場合があります。

【解決方法】
ご利用のPCの"画面解像度>テキストやその他の項目の大きさの変更"より、ディスプレイの項目サイズを「小さくする」に変更してから、STORMの動画書き出しを行ってください。

素材管理より、動画(wmv、avi、mp4)を取り込んだところ、動画の縦横サイズが崩れてしまいました。
[ID:ST160218-01, UPDATE:201602]
素材として取り込む元動画のアスペクト比(縦横サイズ)が推奨の比率ではない場合、正
しく動画が取り込めず動画のアスペクト比が崩れてしまいます。

推奨のアスペクト比は、”16 の倍数(16:9)”か”4 の倍数(4:3)”となります。

推奨の比率は、以下の資料に記載しております。
https://doclib.logosware.com/content.html#!/120/

コンテンツ変換時に「plug-in-pptRUN」は動作を停止しました」とエラーが表示され、コンテンツが正常に作成されません。
[ID:ST160324-02, UPDATE:201603]
STORMをご利用中のPCにインストールされているOffice(PowerPoint)のバージョンが2003の場合に発生するエラーとなります。
ご利用のOffice(PowerPoint)を、2007・2010・2013の何れかにバージョンアップしてご利用ください。

コンテンツ編集画面のビュー画面のロードが完了せず、タイムラインがグレーアウトの状態になり、コンテンツ編集が行えない。
[ID:ST160512-01, UPDATE:201605]
Internet Explorer 11のセキュリティ更新プログラム(KB3154070または、KB3156421)がインストールされることにより、該当の現象が発生します。

■回避策
WindowsUpdateによりインストールされた更新プログラムを
「コントロールパネル > プログラムのアンインストール>インストールされた更新プログラムを表示」
より、アンインストールしてください。

■Windows7の場合の対応
 更新プログラム(KB3154070)のアンインストールを行ってください。

■Windows8.1の場合
更新プログラム(KB3154070)のアンインストールを行ってください。

■Windows10の場合
更新プログラム(KB3156421)のアンインストールを行ってください。

【注意点】
WindowsUpdateが自動更新となっている場合、KB3154070・KB3156421が再度インストールされてしまいます。もし、同一の現象が発生しましたら、お手数ですが再度、該当プログラムのアンインストールをお願い致します。

5-4.トラブルシューティング(PowerPoint変換)

スライドに「Evaluation Use Only」と出てしまいます。
[ID:ST111206-01, UPDATE:201511]
▼原因1:STORM Maker を体験版として利用している可能性があります。
STORM起動>ツール>ライセンス認証>「Maker」タブで、「体験版(添付画像1参照)」と表示されている場合、STORM Makerを体験版としてご利用中です。正式版のライセンスキーで認証の上、再度PPT変換をお試しください。


▼原因2:PPTアニメーション(オプション)のライセンス認証が、正しく行われていない可能性があります。
STORM起動>ツール>ライセンス認証>「PPTアニメーション」タブで、「キー情報が空欄(添付画像2参照)」の場合、PPTアニメーション(有償、本体とは別に購入必要)の認証が行われていません。

PPTアニメーションをご契約でない方は、PPT変換時に「アニメーション無し」を選択してください。
※STORM Maker1.13.0以下の場合は、「画像(JPEG)」を選択。

PPTアニメーションプラグインをご契約済みの方は、以下の手順で認証の上、再度PPT変換をお試しください。
STORM起動> ツール> ライセンス認証 > PPTアニメーション
  >ライセンスファイル選択> 「LWXXXXX-X-PP3.key」ファイルを選択

エラーが表示されPPTを変換できません/設定どおりに変換されません
[ID:ST111124-72, UPDATE:201408]
ホワイトペーパーを参照してください。
https://doclib.logosware.com/content.html#!/137/


以下のような原因と対策について説明しています。

1. エラーが表示されて変換できない
エラー例:・・・・の変換に失敗しました。※コンテンツを作成する時に、PowerPointを開いていると、このメッセージが出る場合があります。PowerPointを閉じて、再度お試しください。
原因:Power Point を開いている
原因:Power Point がインストールされていない、認証できていない
原因:特権レベルの設定が、PowerPointとSTORM Makerでずれている
原因:変換中に自動で立ち上がるPowerPointを、強制的に閉じてしまった(plugin-iSpringRUNは動作を停止しました/Runtime Error! Progra: C:¥program Files ・・・)
原因:簡単作成モードで音声合成が失敗している

エラー例:アプリケーションのコンポーネントで、バンドルされていない例外が発生しました。
原因:PowerPointのバージョンアップなどで、PowerPointの内部的な情報の不整合が発生している
原因:PowerPointファイル名に半角のシングルクォート( ' )が入っている

エラー例:mmReが動作を停止しました
原因:STORMの管理ファイルが破損している

エラー例:問題が発生したため、plugin-iSpringRUNを終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。
原因:PowerPointで、複雑な表、グラフ、wmf(Windows拡張メタファイル形式)の画像、数式エディタの数式を利用している

エラー例:問題が発生したため、StormSDKを終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。
原因:STORM Maker 1.10.6以前、且つ、PowerPoint2013がインストールされているPC環境で利用している。
原因:PowerPoint2003環境で、拡張子「.pptx」形式のPowerPointを変換しようとしている


2. エラーなく変換完了するが、変換できていない(プレビューできない)
原因:Windowsのユーザー名が全角である(例:「ロゴスウェア」ユーザーでログオン)
原因:STORM Maker 1.10.6以前で、PowerPoint2013 を利用している
原因:STORM Maker 1.3.4以前で、PowerPointファイルの最初のスライドにおいて、最初のテキストボックスに改行が含まれている

3. PowerPointで設定した通りに変換されない
文字が重なってしまう
英語フォントで設定されている「¥」マークが文字化けする
動画や音声入りのPowerPointを変換したら、動画・音声が再生されない。
再生ボタンを押していないのに再生が始まる。また、停止もできない。
文字の一部が空白になる/変換に時間がかかる/別のフォントが変わってしまう
日本語文字が空白になる
パワーポイント変換後、ヘッダー・フッターの情報が文字化けする
パワーポイント変換後、フッターに文字を設定してないのに<フッター>と表示される。

5-5.トラブルシューティング(音声合成)

音声合成で出来上がった音声に「サンプルです」と入ってしまいます。
[ID:ST111124-85, UPDATE:201111]
音声合成(STORM専用オプション)のライセンス認証がされておらず、体験版としてご利用いただいている状態です。
音声合成の正式版をご利用いただくには、音声合成プラグインをご購入の上、ライセンス認証をしていただく必要があります。

▼ご購入について
こちらからお問い合わせください。

▼ライセンス認証の方法
STORM起動> ツール> ライセンス認証
   > 音声合成 > ファイル選択>「LWXXXXX-X-VO1.key」というキーファイルを選択

音声合成したところ、ごく短い文字数までしか、読み上げてくれません。
[ID:ST120105-03, UPDATE:201201]
音声合成(STORM専用オプション)のライセンス認証がされておらず、体験版としてご利用いただいている状態です。
音声合成の正式版をご利用いただくには、音声合成プラグインをご購入の上、ライセンス認証をしていただく必要があります。

▼ご購入について
こちらからお問い合わせください。

▼ライセンス認証の方法
STORM起動> ツール> ライセンス認証
   > 音声合成 > ファイル選択>「LWXXXXX-X-VO1.key」というキーファイルを選択

簡単作成モード(音声合成付き)で変換している途中、または、csvファイルから音声合成を作成している途中でエラーが表示され作成できません。
[ID:ST111124-79, UPDATE:201509]
▼原因1
素材に使うCSVファイルやPowerPointファイルを、ネットワークのファイルサーバーに置いて使用していませんか?自パソコン上のファイルを指定して、音声合成を実行してください。

また、STORM Makerがインストールされたマシンをネットワーク越しに操作していませんか?その場合、音声合成に失敗することがあります。STORM Maker がインストールされているマシンを直接操作してご利用ください。

▼原因2
ご利用のパソコンによっては、音声合成原稿に下記のようなものが含まれる場合、音声合成に失敗します。

≪エラー例≫
「plugin-aitalkRUNは動作を停止しました」
「作成エラー 変換に失敗しました。コンテンツを作成する時に(中略)PowerPointを閉じて再度お試しください」

≪失敗する例≫
1)「○」
⇒「○」は「まる」と記載するなどして、ご対応ください。

2)文章の末尾に「★。」「★、」「★.」がある。
⇒「。★」「、★」「.★」のように順番を入れ替えて指定してください。

3)文章の行頭に「。★」「、★」「.★」がある。
⇒★の前に読まない文字(句読点等)は入れないでください。

4)「★,★」「★。★」「★.★」
⇒読まない文字(句読点等)は★で囲まないでください。

▼回答3
PowerPointのスライドやノートで、「"(半角のダブルクォート)」を利用している場合、音声合成で失敗し、エラーになることがあります。「”(全角のダブルクォート)」に置換してください。(一括置換の方法 PowerPoint開く>Ctrlキー + hキー>置換前「"(半角のダブルクォート)」 置換後「”(全角のダブルクォート)」を指定)

▼原因4
音声合成データベースが古い可能性があります。
以下の方法で、音声合成データベースが最新かどうか、ご確認ください。

STORM Maker 1.7.0 ~ 1.9.1 をお使いの場合
1.「C:\Program Files\LOGOSWARE\STORM-Maker\plugins\Speech」フォルダを開く
2.「dbs」フォルダを右クリックし、プロパティを表示する
3.ファイルの数が「24」かどうか確認する(24でない場合、古い可能性があります)

STORM Maker 1.10.0 ~ をお使いの場合
1.「C:\Program Files\LOGOSWARE\STORM-Maker\plugins\Speech\dbs\seiji」を開く
2.メモ帳で「dbconf.xml」を開く
3.「module name="dbs" code="no" version="3.3.0" revision="no"/」という
  記述があることを確認する(記述がない場合、古い可能性があります)
  ※ このファイルは変更してはいけません。保存せずに閉じてください。

もし音声合成データベースが古い場合は、以下の手順をお試しください(要管理者権限)。
1.「C:\Program Files\LOGOSWARE\STORM-Maker\plugins\Speech\dbs」フォルダを削除
2.音声合成データベースの再取り込み
  STORM起動>ツール>ライセンス認証>音声合成タブ>「ダウンロード」リンク から取り込み
※ CD-ROMの音声合成データベースは古い可能性があるので利用しないでください
※ ネットワーク環境によってはダウンロードに失敗することがあります。別の取り込み方法をご案内しますので、ロゴスウェアまでご連絡ください。

▼原因5
ある特定の文章を、特定のパソコンで合成した場合に、音声合成が失敗する現象が報告されています。本現象はごくまれに発生する現象で、パソコンのメモリ管理に関連する領域と考えられ、大変申し訳ありませんがSTORM Makerでは対応することができません。他のパソコンで、STORM Makerをご利用ください。

※ 「特定の文章」はさまざまな文章が該当する可能性があります。弊社では、あるパソコンで「一つ目」という文字列で失敗することを確認していますが、他の文字列でも発生する可能性があります。
※ 同じ文章でも、女性声、男性声で音声合成の可否が変わることがあります。
※ 仮想環境で、同様の問題が発生することが報告されています。
 

音声合成の初回視聴時、読み上げまで時間がかかります
[ID:ST111124-80, UPDATE:201111]
音声合成の前処理のため、時間がかかっています。
2回目以降は通常通り視聴できます。

音声合成の初回起動時、文と文を読み上げる間隔が長い
[ID:ST111124-81, UPDATE:201111]
音声合成の前処理のため、時間がかかっています。
2回目以降は通常通り視聴できます。
例)************。(この間の間隔)****************。

コンテンツ書き出し後よりも、視聴しているときのほうが音質が良いように感じます。視聴のときの音を、コンテンツに載せられませんか?
[ID:ST111124-83, UPDATE:201602]
"視聴の音声"と、"コンテンツ化された音声"では、音質に違いがあるため発生する現象です。

コンテンツの再生をスムーズに行えるように、音声合成で作成された音声ファイルは、視聴用の音声ファイルよりも圧縮を行っております。

もし、高品質な音声が必要な場合、別途、音声合成ソフトウェアのご契約をご検討ください。
(ご参考:株式会社エーアイ の「声の職人」

音声合成できた音声を聞くと、飛び飛びに読んだり、同じところを繰り返したり、音が壊れて聞こえます。
[ID:ST120706-03, UPDATE:201207]
STORM をインストールしたマシンにリモート接続し、遠隔から操作していませんか?ネットワーク環境、マシンスペックにより、音声が正しく再生されないことがあります(音は正しくできています)。STORMマシンを直接操作するか、遠隔でないマシンに書き出したコンテンツをコピーして、音をお確かめください。

音声合成をしても、音が出ないスライドがあります。
(コンテンツの作成自体は完了する。プレビューも可能。音が出るスライドもある)
[ID:ST140918-01, UPDATE:201509]
素材となるPowerPoint作成の段階でPowerPointのデータ構造が想定外となった場合、音声合成ができないことがあります。
新しいスライドを追加し、そのスライドに、既存のスライドとノート部分のデータをコピー&ペーストして、再度変換をお試しください。

音声合成のイントネーションは変えられますか?
[ID:ST150930-01, UPDATE:201509]
残念ながら、イントネーションを変更する事はできません。
現在、実装検討中です。

音声合成の単語登録(辞書登録)機能はありますか?
[ID:ST150930-02, UPDATE:201511]
現在のバージョンには単語登録機能はございませんが、現在、開発を進めております。

5-6.トラブルシューティング(書き出し)

書き出し時に「アプリケーションのコンポーネントで、バンドルされていない例外が発生しました。」とエラーが表示されて、書き出せません。
[ID:ST130111-01, UPDATE:201504]
原因1:
書き出し先をファイルサーバーに指定していませんか?
STORMがインストールされているパソコン上に書き出すようにしてください。

原因2:
書き出し先フォルダまでのファイルパスが長すぎませんか?
Cドライブ直下に半角英数でフォルダを作成して書き出すようにしてください。
※全角文字を使用した場合、書き出しに失敗する可能性もあります。

原因3:
書き出し先フォルダにアクセス権限はありますか?
フォルダの権限をご確認ください。

原因4(1.10.2までのSTORMで発生):
CD-ROMやDVD-ROMから直接STORMに取り込んだデータを書き出そうとしていませんか?
これらのドライブから直接読み込みと、「読み取り専用(リードオンリー)」でコピーされるため、正しく動作しません。
データをデスクトップなどにコピーし、そのデータを読み込むようにしてください。

バージョンアップしたら、書き出しにとても時間がかかるようになった(書き出し時間の目安と、時間がかかるときの対応)
[ID:ST130605-01, UPDATE:201401]
書き出し時間の目安は以下の通りです。

---------------
書き出し時間の目安
---------------
▼ STORM Maker 1.10.2 より前のバージョン
数秒~数十秒

▼ STORM Maker 1.10.2~1.10.3
スマートフォン・タブレットコンテンツなし: 数秒~数分
スマートフォン・タブレットコンテンツあり: コンテンツ再生時間の1倍~2倍

※ STORM Maker 1.10.2では「タブレット対応コンテンツ作成機能」が搭載されました。
  スマートフォン用音声、タブレット用ビデオの変換に時間がかかります。

▼ STORM Maker 1.10.4以降
スマートフォン・タブレットコンテンツなし: 数秒~数分
スマートフォン・タブレットコンテンツあり(ただし、以下は除く):数分
タブレット対応かつ、ビデオ利用コンテンツ: コンテンツ再生時間の1倍~2倍

※ タブレット用のビデオの変換に時間がかかります。

---------------
時間がかかる場合の対応
---------------
書き出しに時間がかかる場合、完了するまでしばらくお待ちください。
※ 途中で強制終了すると、フォルダサイズが非常に大きくなることがあります(○ギガなど)。
  これは中間ファイルが残っているためで、正しく書き出しが完了していないため利用できません。
  お手数ですが、再書き出しをお願いします。

パソコンだけで閲覧できればいいコンテンツの場合、機能をオフにしていただくことで素早く書き出すことができます。
STORM 起動>画面左側のコンテンツ一覧>当該コンテンツを右クリック
 >コンテンツ設定画面にて「スマートフォンコンテンツを書き出す」
  「タブレットコンテンツを書き出す」のチェックをはずす

※ 上記は作成済みコンテンツに関する設定です。
  今後新規作成する場合に自動でチェックをはずしたい場合、以下の設定をしてください。
STORM起動>ツール>マルチデバイス書き出し設定
 >コンテンツ作成時のデフォルト設定 にて、チェックをはずす

コンテンツを書きだそうとしたら、「スマートフォンコンテンツ書き出し警告」という画面が出ます。
[ID:ST111124-86, UPDATE:201111]
コンテンツが、1.7.1以前のSTORM Makerで作成されている場合に表示されます(1.8.0以降で新規作成したコンテンツでは表示されません)。1.8.0ではスマートフォン対応をリニューアルしました。1.7.1以前に作成したコンテンツでは、1.8.0以降のスマートフォン用コンテンツの書き出しで一部足りない素材があるため、警告を表示しています。
コンテンツの用途に応じ、以下のご対応をお願いいたします。

スマートフォンで「閲覧しない」コンテンツの場合:
1.コンテンツ一覧の該当コンテンツを右クリックし、「コンテンツの設定」をクリックする
2.「PCのみ(Flash)」にチェックをつけた状態にする
3.コンテンツを書き出す
※ この場合、スマートフォン用コンテンツは書き出されません

スマートフォンで「閲覧する」コンテンツの場合:
1.該当コンテンツの編集画面から、素材管理画面を開く
2.PowerPointを差し替える(1.8.0以降のSTORM Maker で使用する素材を、追加作成しています)
3.コンテンツ一覧の該当コンテンツを右クリックし、「コンテンツの設定」をクリックする
4.「PC + スマートフォン/タブレット(Flash + HTML5)」がチェックされた状態にする
5.コンテンツを書き出す (※警告が出ますが、[はい]をクリックします)
※ 手順2.を行わずに書き出すと、スマートフォンから閲覧した時に正しく表示されません。

「SoundMixerを終了します」とエラーが出て書き出せません。
[ID:ST120227-07, UPDATE:201509]
STORM Maker ver1.12.2以下に該当する事象です。

以下の条件がそろった場合に起きる不具合です。
  1.タイムラインに、音声(mp3)がない。
  2.タイムラインに動画(FLV)があり、それが音声データがないFLVである。
  3.スマートフォン対応の書き出しを行う。

対応は以下の通りです。コンテンツ用途に応じて設定をお願いいたします。

(1)スマートフォン用コンテンツが不要な場合
以下の手順でスマートフォンコンテンツを書き出さないようにしてください。
STORM 起動>コンテンツ一覧>コンテンツ右クリックでプロパティ>「スマートフォン用コンテンツを書き出す」のチェックをはずす
 
 ※ 次回以降の取り込み時に、初めからチェックしないようにする方法
    STORM起動>ツール>スマートフォン書き出し設定>コンテンツ新規作成時のデフォルト設定
    >「スマートフォンコンテンツを書き出す」のチェックをはずす


(2)スマートフォン用コンテンツも必要な場合
こちらのzipを解凍し、mp3を問題が起きているコンテンツの音声のタイムラインに配置してください(添付画像参照)。配置することで条件を満たさなくなるため、書き出せるようになります。「nosound.mp3」は無音のMP3なので、音は鳴りません。
 

動画書き出し時にエラー画面が表示され、書き出す事ができません。
[ID:ST111124-90, UPDATE:201403]
(1)「基本設定」タブの、「書き出し先」をご確認ください。
・ パスがネットワーク上のフォルダになっている場合、パソコンのフォルダにしください。
・ 日本語を含まないパス(Cドライブ直下など)にしてお試しください。
・ フォルダにアクセス権があることをご確認ください。
・ 数G以上の空き容量があるローカルドライブを指定して、書き出してください。

(2)Webカメラが接続されている状態で動画書き出しを行うと、エラーが発生する場合があります。
WebカメラがUSB接続されている場合 → 外して再度書き出し処理を行ってください。
Webカメラが内蔵されている場合 → デバイスマネージャーからWebカメラの設定を無効にしてください。

(3)PCを再起動して、もう一回、動画書き出しの処理を行ってください。

(4)特定のサウンドデバイスを選択した際にエラーが表示される場合、デバイスドライバを更新し、再度書き出しを行ってください。


エラー例)
・ 書き出し先のドライブが存在しません。ネットワークパスを使用できません。
・ 問題が発生したため、--- を終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。
・ 変換中にエラーが発生しました。変換を中止します。

動画書き出しデータ(mp4)を確認したら、音声が再生されません。
[ID:ST111124-91, UPDATE:201111]
STORM Makerで作成したコンテンツを音声付きで動画書き出しする場合は、パソコン内で再生されている音声(内部再生音)を録音できる機能(ステレオミックス機能)が必要になります。お使いのPCにステレオミックス機能が搭載されているかご確認ください。

音声付き動画書き出しを行う場合のサウンドデバイス設定方法について

動画書き出しで、設定した品質より低い設定で動画が書き出されてしまいます。
[ID:ST111124-92, UPDATE:201202]
▼設定例
音量が大きい場合や、音声品質が高い場合、パソコンやサウンドデバイス能力が追いつかず、逆に品質が悪くなってしまうことがあります。
以下の設定値や、ワンポイントアドバイスを参考にしてください。
音声付き動画書き出しを行う場合のサウンドデバイス設定方法について

▼サウンドデバイス
音声に関しては、PCに搭載されているサウンドデバイスの能力で品質が左右されます。動作検証や品質のご確認のため、推奨デバイスを無償にて貸し出しております。お問い合わせください。

動画書き出ししたmp4を確認したら、講師画面が表示されていません。
[ID:ST111124-93, UPDATE:201408]
STORM Maker1.13.0以降は、「スライドエリア」 もしくは「 コンテンツ全体」のmp4ファイルが書き出せるようになりました。バージョンアップを行い、「コンテンツ全体」で書き出してください。

※STORM Maker1.12.2以下は、以下の赤字破線の「スライドエリア」のみです。
したがって、スライド部分と講師部分を、同時に書きだすことはできません。
(コンテンツ編集時に表示レイアウトを切り換えれば講師画面を表示できますが、その場合はスライド部分は表示されません。)

動画書き出しの設定画面が途切れて表示されます。そのため、いくつかの項目を設定できません。
[ID:ST111124-94, UPDATE:201407]
Windowsのディスプレイの設定で、文字サイズが「中(M)-125%」になっているのが原因と思われます。
大変申し訳ないのですが、現状で「中(M)-125%」に対応しておりません。STORM Makerをご利用になるときは「小-100%(既定)」に設定してからご利用ください。

▼手順
画面の背面で右クリック→個人設定→ディスプレイ→「小-100%(既定)」→適応


<エラー例>

Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2(サウンドデバイス)を利用して、動画書き出しを行っていますが音声が動画に入りません。
[ID:ST160324-01, UPDATE:201603]
Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2(サウンドデバイス)の利用に必要なアプリケーションが正しくインストールされていない、または、動画書き出し時の設定が正しくないために、動画に音声が入らないと考えられます。

以下の手順をお試しください。

① PCの音声がミュートになっていないことを確認してください。

② Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 をPCに差し込んでください。

インストール参考資料をご参照頂き、Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 の
  利用に必要なアプリケーションをインストールしてください。

  ※アプリケーションのインストールには、管理者権限の対応が必要です。


④ STORM Makerを起動してください。
  その後、動画書き出しの操作マニュアルを参照し、動画書き出しを行ってください。

  参考資料:該当マニュアル箇所
  
  【重要】
  高度な設定中の"オーディオ"部分の設定は重要です。
   デバイス : 再生リダイレクト(Sound Blaster X-Fi Go!)
   入力ライン : マスター音量
  と設定してください。
  
  参考資料:C.動画書き出しの設定
  

⑤ 動画の書き出しが終了したら、Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 を
PCから抜き取り、動画を再生してください。

5-7.トラブルシューティング(LMS・SCORM関連)

LMSにアップロードを試みましたが、失敗してしまいます。
[ID:ST120119-02, UPDATE:201201]
(1)コンテンツ側でご確認いただきたいこと
コンテンツをSCORM形式で書き出しているかどうか、ご確認ください。また、SCORM1.2またはSCORM2004の選択が、LMSが要求するSCORM形式とあっているかご確認ください。

(2)LMS側でご確認いただきたいこと
LMSに制約や問題があり、教材がアップロードできない可能性があります。LMSの管理ご担当者にお問い合わせください。なお、問題が起きやすいケースは以下の通りです。

 ・ サーバー側のアップロード可能なコンテンツ容量の制限
 ・ アップロード手順に誤りがあった

教材をすべて閲覧したつもりなのですが、受講済みになりません。
[ID:ST111209-01, UPDATE:201511]
(1)コンテンツにメニュー(index、目次のような項目)が設定されているかご確認ください。
※ 本回答は、STORM1.10.0までが対象です
STORM はメニュー単位で進捗を送信しますので、メニューが全く設定されていない場合、ステータスが更新されません。具体的には、STORMでコンテンツを開いていただき、タイムライン画面のメニューの帯に、ユニットが配置されているかご確認ください。もし配置されていない場合、何かしらのメニューを置いてお試しください。


(2)「スキップ再生」の設定をご確認ください。
「スキップ再生」が許可になっている場合、「メニューやシークバーでコンテンツを移動した場合、未受講とする」という仕様になっております(不正受講防止のため)。そのため、「前の部分を見逃した、少し戻って見よう」とシークバーを動かした場合も、未受講になります。
この動きを避けたいお客様には、「スキップ再生」を不許可に設定をお願いします。
(STORM起動>コンテンツひらく>基本設定 >高度な設定>スキップ再生)

 ※ 「スキップ再生」不許可にすると、ひとつめのメニューから順に見ることになり、
   メニューをスキップして閲覧できなくなります。閲覧済のメニューへは移動可能です。

 ※「スキップ再生」許可の挙動を変更したい場合、書き出し形式「進捗管理:全体」をご利用
   ください。「進捗管理:全体」を使うと、とばしたメニューも閲覧済みとして扱います。
  ▼設定方法
  https://doclib.logosware.com/content.html#!/296/


(3)LMSのSCORM形式と、コンテンツ側のSCORM形式が合致しているかご確認ください。
コンテンツのSCORM形式は、書き出し時に指定していただいています。LMSの要求するSCROM形式については、LMSご担当に問合せをお願いします。


(4)長時間コンテンツの場合、LMSとの接続(セッション)が切れてしまっているかもしれません。
LMSご担当様に接続が切れずにコンテンツを再生できる時間をお問い合わせいただき、一番長いメニューがその時間以内になるようコンテンツを短くしてください。

受講を中断した。時間をおいて再開したが、中段箇所から開かない。
[ID:ST111209-03, UPDATE:201112]
『「スキップ再生」が許可』の場合、中段箇所から再開できません。
 ※ たとえば10個メニューがあって、とびとびで再生された場合、
   どこが中段箇所か判断できないため。

以下の手順で、『「スキップ再生」不許可』の設定をお試しください。
 ※ 「スキップ再生」を不許可にすると、ひとつめのメニューから順に見ることになり、
   メニューをスキップして閲覧できなくなります。閲覧済のメニューへは移動可能です。

----------------
STORM 起動してコンテンツを開く>コンテンツ編集画面
  >基本設定 >高度な設定>「スキップ再生」を不許可に設定

LMSでSTORM Makerコンテンツを公開しています。スマートフォンで閲覧するユーザーから、「見たはずのメニューが、未受講になっている」と連絡がありました。どのようなことが考えられますか?
[ID:ST111124-61, UPDATE:201111]
スマートフォンからSTORM Makerコンテンツを再生しているとき、長時間操作しないとスマートフォンのバックライトが消灯されることがあります。操作を復帰して画面を元に戻しても、バックライトが消灯された時点から再生されていないことになり未受講状態となります。お手数ですが、再度のご受講をお願いします。

インデックスの進捗チェックが、最後のメニューだけ付きません。最後まで見たつもりですが、終わっていないのでしょうか?
[ID:ST120216-01, UPDATE:201202]
再生完了時、最後の項目にはチェックがつきません(現在の表示個所を示す三角印を優先して表示しているためです)。一度、他の項目を選択すると、チェックがついていること(見終わっていること)を確認できます。
 

Platonに掲載したSTORMコンテンツを視聴後「完了」「受講済み」になるのに、進捗・最高点がカウントアップされません。
[ID:ST121112-01, UPDATE:201408]
メニュー項目が一つしかないSTORMコンテンツの場合に発生する現象です。Platon1.6.1で解消しました。

コンテンツを途中から開くと、指定のレイアウトになりません
[ID:ST121203-03, UPDATE:201211]
STORMコンテンツのレイアウトが①のようになっている場合、途中再開するとレイアウト「0」で表示します(メニューにレイアウトが指定されていない状態で、そのメニューを開かれた時は、レイアウト「0」で表示される仕様)。②のように、メニューのキューポイントに対応したレイアウトキューポイントを指定してください。

コンテンツを開くと、開いた直後に「完了」になってしまいます。
[ID:ST130122-01, UPDATE:201301]
STORMコンテンツにメニュー(目次項目)が設定されていないと思われます。最後まで閲覧してから完了にしたい場合、メニューを設定してください。

※本回答は、STORM1.10.1より有効です。

カテゴリー一覧に戻る

FAQで疑問が解決しなかった場合、マニュアル&技術資料にお探しの情報があるかもしれません。マニュアル&技術資料(LOGOSWAREライブラリ)を調べる

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>