プレゼン型コンテンツ作成ソフト STORM Maker【旧バージョン情報】

TOP > プレゼン型コンテンツ作成ソフト STORM Maker【旧バージョン情報】 > STORM VとSTORM Makerの違い

STORM VはHTML5専用版のSTORMです。
基本的にSTORM Makerの機能を踏襲するものですが、いくつか違いがあります。

STORM VとSTORM Makerとの違い

変換精度の向上

STORM Vでは、PowerPointファイルの変換精度が向上し、細かい文字や表がはっきり表示できるようになりました。

STORM VとSTORM Maker(HTML5版)の変換比較

 


機能比較一覧表

【注記】STORM V欄の「×」表示は、現在のバージョン(2.2.0)では非対応ですが、将来対応予定です。

制作に関する機能
  STORM V STORM Maker
コンテンツ出力形式 HTML5 HTML5 Flash
PowerPoint2016対応 × ×
PPTアニメーション

すべてのアニメーションは、
フェードイン/フェードアウトに
置き換わります。


すべてのアニメーションは、
フェードイン/フェードアウトに
置き換わります。


オプション/有料
ユーザー権限での利用 × ×
動画書き出し ×
テロップ機能 ×
ペン機能 × ×
ブック形式コンテンツ作成 ×

※今後対応予定はありません。

×
デザイン(スキン)の選択 ×

※デザイン(スキン)は
1種類のみ

レイアウトの選択

※レイアウトの選択は、
「コンテンツの種類」という
名称に置き換わりました

STORM Makerコンテンツの
インポート
コンテンツの利用に関する機能
  STORM V STORM Maker
コンテンツ出力形式 HTML5 HTML5 Flash
PowerPointリンクの反映 ×
倍速再生 × ×
オンラインストレージ
閲覧に関する機能
  STORM V STORM Maker
コンテンツ出力形式 HTML5 HTML5 Flash
スマホでの動画のインライン再生 × ×
スライド埋め込み動画
・音声の再生
×
ストリーミング再生
NEW
×
メニュー別URL出力 ×
コンテンツのループ再生 × ×

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>