プレゼン型コンテンツ作成ソフト STORM V

TOP > プレゼン型コンテンツ作成ソフト STORM V > なぜSTORM Vの音声合成機能は、そんなに支持されるのか?

販売用の有料コンテンツや広告用のコンテンツなどであれば、お金と手間をかけてプロのナレーターにナレーションを読んでもらう価値もありますが、社内用のeラーニングコンテンツや商品説明用のコンテンツであれば、音声合成機能を使うのが便利です。実際、LOGOSWARE STORM V購入者の90%は、音声合成オプションを購入しています。「音声合成機能があるからSTORM Vを選択した」とおっしゃるお客さまもたくさんいます。

なぜSTORM Vの音声合成機能はお客さまに支持されるのでしょうか? 他社の製品とどこが違うのでしょうか?

その理由は次の4つです。

1何といっても高品質

STORM Vの音声合成エンジンは、業界屈指の品質を誇る株式会社エーアイ製を利用しています。

従来のような機械的な音声ではなく、より自然な読み上げ品質を実現しています。イントネーションなど細かい部分では、人間による読み上げ品質に敵わない所もありますが、eラーニング用途などであれば充分すぎる品質です。

実際に、デモでお聞かせすると、「本当にこれは機械が読み上げているのですか?」と驚かれる方も多くいます。

2パワーポイント内の「ノート」を
  自動的に音声合成してしまう

大量の本数を短時間で作らなければならない社内用のeラーニングなどでは、制作効率も重要なポイントです。実際のところ、ここにSTORM Vに音声合成機能を組み入れている本当の価値があります。

なんと、STORM Vでは、パワーポイントファイルを読み込むと、「ノート」内の文章から自動的に音声合成ファイルも作ってしまうのです。制作者からすると「音声合成を作るぞ」という特別に意識することすらなく作れてしまうのです。

3読み上げミスを簡単修正する便利ツールを提供

音声合成には、ひとつだけ注意しなければならない点があります。それは、稀に読み間違えをしてしまうことです。通常の文章では、そのようなことはまず起こらないのですが、固有名詞では気をつけなければなりません。人間が原稿を読む場合でも「この名前は何と読むのですか?」と聞くのですから、コンピュータも同様にうまく読めないのです。

さて、この解決には、実際に音声合成されたナレーションを聞いて人間の耳で確認するしかありません。この作業の効率を上げることも重要な要素です。

STORM Vでは、「音声合成チェッカー」と呼ばれる特別なツールを用意しています。

「音声合成チェッカー」は、パワーポイントの「ノート」内の文章を音声合成させて、その読み間違いがないかどうかを事前にチェックするために作られたツールです。読み間違えが発見されれば、その場で、パワーポイント「ノート」内の文章を書き換えることができます。通常は、読み間違えを起こさない「ひらがな」表記に書き換えます。

このツールを使うと、読み間違えを起こさない完全なパワーポイントファイルを簡単に作成できます。このパワーポイントファイルを、上記2で説明したように、STORM Vに読み込むと、一気に音声合成付きのコンテンツが作成されるという仕組みです。

4それでいて、低価格

便利な音声合成ですが、単体で購入しようとすると、とても高価なソフトウェアです。

ロゴスウェアでは、作成された音声合成ファイルはSTORM Vでのみ使用するという条件のもと、エーアイ社と特別契約を結んでいるため、低価格で音声合成機能を提供できています。

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>