デジタルブック作成ソフト FLIPPER U

TOP > デジタルブック作成ソフト FLIPPER U > モバイルアプリ作成(オプション) > モバイルアプリ仕様一覧

一般配布用アプリ

iOSアプリ Androidアプリ
アプリ配布 アプリ配布方法 AppStore GooglePlay お客さまのサーバー
アプリインストール AppStoreより
ダウンロード
GooglePlayより
ダウンロード
ユーザーはGooglePlay以外のアプリをインストールできるようAndroid端末を設定する必要があります。
詳細≫
デベロッパー
プログラム登録
デベロッパー
プログラム登録
Apple Developer Program(有料) Google Play デベロッパー登録(有料) 不要
登録を行う人 お客さま
登録の
ロゴスウェア代行
可能(有料) 不可
登録・更新費用の
支払い
お客さま
アプリ作成 アプリアイコン制作 テンプレートから選択、または、Illustratorファイルを提供いただく
アプリ容量制限 4GBまで
※4GBのアプリは現実的には重いため、1GB程度までを推奨
100MBまで サーバーのアップロード容量制限等に依存します。システム管理者へご確認ください。
制限容量内で
掲載可能なページ数
(FLIPPER Uコンテンツの場合)
倍率4倍のブックの場合2,000ページ程度、倍率2倍のブックの場合4,000ページ程度までが上限 倍率4倍のブックの場合50ページ程度、倍率2倍のブックの場合100ページ程度までが上限
アプリ公開申請 アプリ公開申請 必要 必要 不要
申請に必要なもの アプリ名、アイコン画像、説明文、説明用画像、サポートURLなど
申請を行う人 お客さま
申請の
ロゴスウェア代行
可能(有料)
※説明用画像として本棚画面のキャプチャ1種類込み
不可
申請用の説明画像作成のロゴスウェア代行 可能(有料) 不可
アプリ公開前審査 あり
(Apple社が審査)
あり
(Google社が審査)
なし
アプリ審査が
通らない場合
あり あり
アプリ公開
再申請
アプリ公開申請をロゴスウェアが代行していた場合 指摘箇所された箇所を修正し、3回までの再申請をします。
しかしそれにも関わらず、審査が通らなかった場合は、事情の如何に関わらず、原則としてデジタルブック制作費および本棚制作費を除く費用を払い戻して解約とさせていただきます。

社内配布専用アプリ

iOSアプリ Androidアプリ
アプリ配布 アプリ配布方法 お客さまのサーバー
(社内アクセス限定SSLサーバー)
managed Google Play お客さまのサーバー
(社内限定アクセス制限設定が必要)
アプリ配布制限 自社への限定配布のみ可能。自社以外の組織の人への配布は禁止されています。 最大20個の組織へ限定配布可能。承認済みの企業向けモバイル管理(EMM)を使って職場の Android 搭載端末を管理している必要があります。
詳細≫
社内アクセス限定に設定するなどサーバー管理者側でのアクセス制限設定が必要。
アプリインストール 自社SSLサーバーへアクセス可能なユーザー・端末のみ ユーザーは managed Google Play アカウントを取得する必要があります。
詳細≫
ユーザーはGooglePlay以外のアプリをインストールできるようAndroid端末を設定する必要があります。
詳細≫
デベロッパー
プログラム登録
デベロッパー
プログラム登録
Apple Developer Enterprise Program(有料) Google Play デベロッパー登録(有料) 不要
登録を行う人 お客さま
登録の
ロゴスウェア代行
可能(有料) 不可
登録・更新費用の
支払い
お客さま
アプリ作成 アプリアイコン制作 テンプレートから選択、または、Illustratorファイルを提供いただく
アプリ容量制限 サーバーのアップロード容量制限等に依存します。システム管理者へご確認ください。
※1GB程度までを推奨
100MBまで サーバーのアップロード容量制限等に依存します。システム管理者へご確認ください。
※1GB程度までを推奨
制限容量内で掲載可能なページ数
(FLIPPER Uコンテンツの場合)
倍率4倍のブックの場合50ページ程度、倍率2倍のブックの場合100ページ程度までが上限
アプリ公開申請 アプリ公開申請 不要 必要 不要
申請に必要なもの アプリ名、アイコン画像、説明文、説明用画像、サポートURLなど
申請を行う人 お客さま
申請の
ロゴスウェア代行
不可
申請用の説明画像作成のロゴスウェア代行 不可
アプリ公開前審査 なし あり
(Google社が審査)
なし
アプリ審査が
通らない場合
あり
アプリ更新 アプリを更新する場合 ロゴスウェアへ更新をご依頼ください。なお、1年ごとにApple Developer Enterprise Programの更新およびアプリの更新が必要です。 ロゴスウェアへ更新をご依頼ください。
アプリを更新せずに
利用しつづける場合
1年ごとにApple Developer Enterprise Programの更新およびアプリの更新が必要です。社内配布専用iOSアプリの仕様上、アプリの内容に変更がない場合でも更新が必要です。

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>